効率の良い任意売却

MENU

任意売却とは

 

任意売却とは、今まであった一定の収入が無くなったなどの理由で住宅ローンの支払い継続が困難になった状態で不動産を売却することによって、ローンの残債や売却した後の引っ越し費用などを整理して、生活を立て直すことを言います。

 

昨今、会社の給料が下がった、突然リストラにあったなどの理由で、住宅ローンが支払えなくなる人が増えています。ですので、以前よりも任意売却をする物件が増えてきています。

 

任意売却とは、競売で売却するよりも一般的に相場に近い金額で売却することができるので、競売と比べて金銭的におおきなメリットがあります。

 

それ以外にも競売と比べて時に様々なメリットがあり、金融機関に対して競売で売却したときよりも多い額の返済が可能となり、残った住宅ローンの返済についても柔軟に対応してくれる場合が多いようです。

 

 任意売却に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

任意売却のメリット

1.市場価格に近い値段で売ることができる
任意売却の場合、競売のように安値で買い叩かれることはありません。基本的に物件の所有者、担保権者、飼い主の話し合いによって価格が決められるので、市場価格に近い金額で売却される可能性が高いです。

 

2.手持ち金の持ち出しが一切いらない
本来不動産を売却すると以下の費用を払う必要があるのですが、任意売却の場合、その費用は債権者が支払うことになっているため、費用負担が軽減されます。

  • 不動産会社への仲介手数料
  • 抵当権抹消費用
  • 滞納分の管理費・修繕積立金(マンション等の場合)
  • 差押えされている滞納分の固定資産税・住民税の一定額
 

3.近隣に知られずに売却できる
競売の場合、裁判所のホームページや業界媒体などに情報が掲載されます。さらに当局による現地調査も行われます。したがって、自宅に色々な人が出入りするのを近隣の方に見られてしまう可能性があります。

 

しかし、任意売却の場合、物件の所有者が合意の上で物件を売却するので、情報が漏れることがないのです。

 

4.残債は分割返済もできる
任意売却は債権者と債務者の話し合いをもってして売却がされます。したがって、債務者の収入状況や生活状況が考慮されるため、残務の支払いをできる範囲で分割支払い対応してくれることもあります。

 

5.引越し費用などを捻出できる可能性がある
競売の場合は、手元に一切の資金を残すことができません。しかし任意売却であれば債権者とよく話し合いをして、引っ越し費用や当面の生活費をその中から捻出することができる場合があります。

 

6.そのまま住み続けられる可能性もある
例えば親兄弟や親戚や友人に物件を買い取ってもらい、債務者が家賃を支払うという形でそのまま物件に住み続けるというやり方もできます。競売の場合は、ほぼ間違いなく強制退去となります。

 

任意売却のデメリット

1.手続きや交渉の負担がある
競売にかけられた場合、債務者は何もせずに物事は進んでいきます。しかし、任意売却の場合、債務者自身が債権者と交渉したり、買取希望者と話し合い、各種手続きをしなければなりません。

 

これらの雑多な作業を一人でやるのは相当難しいので、信頼できる業者に依頼することをお勧めします。

 

2.債権者が同意してくれない事がある
債権者の中でも、銀行や信用金庫などの金融機関によっては任意売却に同意してくれないことがあります。

 

しかも本来であれば任意売却を認めてくれる金融機関でも、融資を受けている方に対しての態度が悪い、依頼を受けた業者が良く思われていない場合でも任意売却を断ってくることもあるそうです。

 

3.保証人が同意してくれない事がある
ローンを滞納している物件に保証人や連帯保証人がついている場合、保証人から任意売却に対する同意を取ることが必要になります。もし同意を取ることができない場合、競売するしか道がありません。