債務整理の弁護士費用相場

MENU

弁護士費用の相場はいくら?

 

借金問題を抱えて苦しい生活をしている方は大勢います。その借金地獄から抜け出すためには債務整理をすることも知っていますが、いざ債務整理をするとなると、弁護士に依頼しなくてはなりません。

 

「弁護士に依頼すると聞くと高額な費用が発生するのではないか?」と思われてしまう方もいらっしゃると思います。ここでは、そのような方々のために、債務整理における弁護士費用の相場を紹介します。

 

債務整理にかかる弁護士費用の相場

 

債務整理の中で弁護士や認定司法書士に依頼するケースは、主に「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」、「過払い金請求」の4つになります。

 

それでは、それぞれのケースにおける弁護士費用はどのくらいになるのかを見ていきましょう。

 

任意整理の弁護士費用相場

 

項目

費用

着手金

約4万円(債権者1社に対して)*着手金も成功報酬と着手金に分けられている場合もある

減額報酬

和解が成立し、残債学から和解返済額の減額された金額に対して10%程度 

過払い金返還

過払い金の返還額に対して20%程度

振替送金手数料・管理料

和解後の返済金の振替送金の手数料、債権者1社ごとに1000円×返済金振込月数

訴訟費用

実費 (印紙・郵券代・訴訟用資格証明料)

交通費・通信費など

実費

*弁護士や司法書士によって費用や料金は異なります。上記の金額はあくまでも参考値です。

 

任意整理の例

 

Aさんが4社から合計300万円の借金があったとして、任意整理で220万円への減額と50万円の過払い金を返還した場合

 

着手金: 4社×2万円=6万円
成功報酬: 4社×2万円=6万円
減額報酬: 80万円×10%=8万円
過払い返還: 50万円×20%=10万円
合計: 30万円

 

借金総額が300万円から220万円になったことによって80万円の得、過払い金の50万円の得の合計130万円が債務整理で得した分です。それに対して30万円の経費がかかったのですから、2割弱が弁護士に支払った費用という事になります。

 

個人再生の弁護士費用相場

 

項目

費用

書類作成料・弁護士費用

20万〜50万円*債権者数、債務金額、住宅資金特別条項の有無によって変わります

裁判所申立費用

3万円 (収入印紙代・予納金)

再生委員会報酬

15万円

振替送金手数料・管理料

和解後の返済金の振替送金の手数料、債権者1社ごとに1000円×返済金振込月数

*弁護士や司法書士によって費用や料金は異なります。上記の金額はあくまでも参考値です。

 

自己破産の弁護士費用相場

 

項目

費用

書類作成料・弁護士費用

20万〜30万円 *債権者数、債務金額、住宅資金特別条項の有無によって変わります

裁判所申立費用

3万円 (収入印紙代・予納金)

管財人引継ぎ費用

20万〜30万円 *少額管財の場合

*弁護士や司法書士によって費用や料金は異なります。上記の金額はあくまでも参考値です。

 

過払い金請求の弁護士費用相場

 

項目

費用

過払い金返還

過払い金の返済額の20%程度

*弁護士や司法書士によって費用や料金は異なります。上記の金額はあくまでも参考値です。

 

過払い金請求の場合は、過払い金が返還された後にその返還された金額の中から弁護士費用を支払うことが可能です。ですので、依頼前に手持ちの金額ない状態であったとしても弁護士や司法書士に依頼することが可能になります。詳しくは依頼する弁護士、または司法書士に相談してみてください。

 

弁護士費用の支払い方法

 

基本的に債務整理を依頼をする依頼者は金銭的に大変な状況にあるため、最近では多くの弁護士事務所や司法書士事務所が費用の支払いの分割払いサービスなどを実施しています。

 

任意整理で和解が成立した時点で減額された返済額を支払い始めるタイミングで、弁護士費用なども一緒に分割払いをスタートさせることもできるので、あなたにあった支払方法を弁護士や司法書士と話し合うことをお勧めします。

 

相談費用

 

最近の弁護士事務所は相談を無料を行っているところが増えています。借金の事で悩んでいるのであれば今すぐに無料相談に行くことをお勧めします。