自己破産後に住宅ローンを組む方法

MENU

自己破産をしたら住宅ローンは組めない?

 

基本的には自己破産をしたら住宅ローンは一定期間組めなくなります。その理由は個人信用情報機関に自己破産をしたという事故情報が載ってしまうからです。日本には以下の3つの個人信用情報があります。

 

株式会社 シー・アイ・シー(CIC)
株式会社日本信用情報機構(JICC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)

 

いわゆるブラックリストに載るという事ですが、どのくらいの期間ブラックリストに載るのでしょうか?CICとJICCは5年間、KSCは10年間掲載されることになります。ですので、自己破産した場合、基本的には10年間は住宅ローンを組むことはできないと思ったほうがいいでしょう。

 

しかし・・・現実には自己破産してから5年半で住宅ローンを組めた人など、10年以内に住宅ローンを組めている人が結構います。

 

一般的には無理と言われている住宅ローンですが、なぜ審査を通過できる人がこんなにも多いのでしょうか?

 

自己破産をした後に住宅ローン審査に通るためには以下の事を実践することです。

 

自己破産してから住宅ローンを組むまでに2回引っ越しをする。

 

たったこれだけの事です。それではその理由を詳しく見ていきましょう。これからの内容は引っ越しを2回しているという前提ですので、引っ越しを2回されていない場合は有効な手段ではありません。

 

 自己破産に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

個人信用情報機関で情報開示

 

まずは、住宅ローンを組む前に、自分の信用情報を確認する必要があります。情報は各情報機関に直接行く方法と、郵送で取り寄せる方法があるので、どちらか都合のいい方法で情報開示をしましょう。

 

情報を開示するためには身分証明書(免許証)、認印、手数料500円が必要になります。

 

受付で申込用紙に必要事項を記入します。この時に現在の住所以外に前住所や前々住所を記入する欄がありますが、この欄を記入してしまうと、破産記録や事故情報が出てきてしまうから記入しないでおきましょう。

 

信用情報の開示を入手すると、破産記録も事故情報もないことに驚くと思います。この金融取引が全くない状態をスーパーホワイトと呼びます。これで事故情報が載っていないことが確認されたので、いよいよ住宅ローンの申し込みをします。

 

住宅ローンの申し込み

 

ここでは1度にできるだけ多くの銀行に申し込みを出します。なぜ1度に多数の銀行に申し込みをするのか?

 

もし1つずつ申し込みをしたとすると、1つめの銀行で審査に落ちた場合、1つめの銀行の参照記録が残っているため、そこから融資を受けていないと2つ目の銀行での印象は悪くなってしまいます。この数が増えれば増えるほど、印象はどんどん悪くなります。

 

この信用情報機関の参照記録は6か月間で消えます。ですので、一度に多くの銀行に申し込みをした場合、その参照記録がないので例えば6社申し込んで5社断られたしても6社目は参照記録を見つけることができません。

 

仮に他の銀行で申込をしていることがばれてしまったとしても、そこから融資がされたかどうかまではわかりませんので、そんなに問題にはならないと思います。

 

しかし、住宅ローンは事前審査と本審査2回審査があります。通常であれば、事前審査を通過できれば本審査時に新たな借金や隠していた事実が判明するなどの新事実がなければ、本審査はかなりの確率で通過できます。

 

事前審査には身分証明書などの書類は基本的に必要ありません。しかし、本審査になると免許証、保険証、印鑑登録証明書、納税証明書、住民票などの書類を提出する必要があります。

 

事前審査では、上記の書類を提出していないので、審査の時に使われた住所は現住所になります。しかし、本審査の場合、前住所が記載されている書類がいくつかあります。免許証と住民票です。

 

免許証の場合、住所変更をしたとしても免許証の裏に新たな住所のスタンプが押されるだけで、表面は以前の住所のままです。

 

ですので、免許の更新のタイミングで住所変更をします。そうすると免許証には現住所しか記載されません。ですので、住宅ローン申し込みは免許の更新を待たれてからされることをお勧めします。

 

さて、住民票ですが、住民票の場合、前住所からの転入という形で前住所が記載されています。そうなんです。だから2回の引っ越しが必要なのです。

 

自己破産して1度引っ越しをして、さらにそのあと引っ越しをすることによって、現在の住民票には現住所と転入前の前住所が記載されています。自己破産をした当時の前々住所は記載されません。

 

住宅ローン審査通過

 

ほとんどの場合、審査を通過できると思います。ようするに自己破産したことがリストに載っていなかったという事になります。もし仮に自己破産の事実が銀行側に知れていたら、確実に審査は通過できません。

 

ただし、ここで確実に審査が通るとはいえません。もちろん審査に落ちることもあります。その理由は銀行側は絶対に言いませんので、推測になっていしまいますが、何らかの理由で自己破産の事実がばれてしまったのかもしれません。

 

銀行によっては独自に官報情報を収集している場合もあるそうです。

 

もちろん自己破産以外の理由も大いにあり得ます。例えば勤務先の勤務年数、年収購入物件の担保価値、個人の属性など、いくらでも理由はあります。

 

ちなみに個人の属性でスーパーホワイトの場合、審査にはあまり印象は与えられない様です。ある程度の年齢で一度もクレジットカードも使ったことがない、ローンを組んで買い物をしたことがないなんて不自然ですよね。

 

ですので、もし一度目の審査で落ちてしまったら、クレジットカードを作ることをお勧めします。この場合日系に比べて外資権のクレジットカードをお勧めします。理由としては、外資系は過去の事故よりも現在の状況に重きを置くためです。

 

過去に自己破産をしていても現在しっかりと勤務していて収入があるのであれば、自己破産の事はそんなに問題視しません。外資系のクレジットカードを作ってクレジットヒストリーを少しずつ作っていくことで、個人の属性がスーパーホワイトではなくなります。

 

*上記の方法はあくまでも一例であって、住宅ローンを保証するものではありませんので、もし当サイトの手順で住宅ローンを試しても審査に落ちてしまったとしても、当サイトでは責任を一切負いかねます。

 

人によって借金の内容や状況は全く異なりますので、もしあなたが真剣に自己破産を検討しており、その後に住宅ローンが組めるかどうかをお考えであれば、弁護士に相談されることをお勧めします。

 

弁護士費用をできる限り安く抑えて、安心して相談できる弁護士をお探しの方は、自己破産案件に強いアヴァンス法務事務所と樋口総合法律事務所をお勧めします。これらの事務所は初期費用無料だけでなく、弁護士報酬も後払い、分割払いできるので、お金がなくても心配しないで相談することができます。

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。

 

 

 

樋口総合法律事務所

 

 

 

初期費用無し、さらに弁護士報酬を後払い・分割払いすることができるので、弁護士報酬を払えるかどうか悩んでいる方におススメの弁護士事務所です。

 

相談すれば、最短即日取り立てSTOPすることができます!女性弁護士も在籍しているので、女性にも優しい事務所です。まずは、プロに相談することからはじめましょう。