任意整理中の新たな借り入れ

MENU

任意整理中に借り入れってできる?

 

任意整理をしている中で新たにお金を借り入れるという事は普通ではありません。しかし、どうしてもお金が必要になってしまい、仕方なく新たにお金を借りなくてはならないという仮定でお話しします。

 

くどいようですが、任意整理をしながら新たに借金をするという事は、家族の誰かが突然病気になり、どうしても手術代を工面する必要があり、家族、友人、知人に借金を申し出たが全滅だったなど、相当切羽詰った状況の方以外は任意整理中の借金はやめたほうがいいでしょう。

 

それでは、最悪の場合任意整理中に借金をするとどうなるのか、見ていきましょう。

 

任意整理中の借金はバレる?

 

任意整理中に借金をしたとき、任意整理の手続きに支障がでるのかどうか?これが一番気になるところだと思います。結論から申しますと、

 

バレなければ問題ありません。すなわちバレたら問題になります。

 

どうしてバレない可能性があるのでしょうか?これは最近の個人情報保護法などによるところが大きく関係しています。債務者が新たに借金をした事実を知るには、個人信用情報機関を照会するしか方法がありません。

 

しかし、個人信用情報機関は厳格に規制されているので、融資の申し込み以外で照会することは、原則禁止されています。融資以外で照会するためにはそれなりの正当な理由が必要になります。

 

ですので、任意整理中の債務者が新たに借り入れをしているかどうかを照会したいという理由では、基本的には通りません。

 

昔のように規制が緩かったころは、延滞管理などの連絡先の調査で信用情報を調べていたこともありました。

 

その頃であれば、任意整理中に新たな借金をしてるかどうかを調べることは容易でしたので、仮に任意整理中に借金をした場合、それがバレて任意整理が途中で出来なくなったという事も多々ありました。

 

 任意整理に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

任意整理中の借金がバレた場合

 

任意整理の手続き中で、今ある負債を利息制限法に基づいて減額し、さらに将来の利息も0になるように交渉をし、現在の収入で月々いくらの返済ができるかを弁護士や司法書士が債権者と交渉をしているさ中に、債務者であるあなたが新たに借金をした事実がバレてしまった場合、債権者側は任意整理に応じなくなります。

 

彼らにしてみれば、自分たちの会社の元金を減らす交渉をしているにも関わらず、債務者が新たに借り入れをした借金には元金+利息を支払うのに、なんでうちは減額しなければならないのか?と思うはずです。それは当然な考えです。

 

しかも弁護士や司法書士も債務者が新たな借金をした事実を知らないので、債権者からその事実を聞いた時点で依頼者である債務者に確認してきます。その事実を依頼者が認めれば、最悪の場合弁護士や司法書士側から依頼人を解除されてしまう事もあるでしょう。

 

新たに借り入れをしたお金も任意整理をするという選択肢もあるかもしませんが、借金をしてから一度も返済をしていない借金では任意整理をすることはほとんどできないと考えていいでしょう。

 

これから任意整理を検討している方は、きちんと無理なく返済できる金額にするべきです。任意整理をする場合は、任意整理に強い弁護士を選ぶことが解決の近道です。

 

途中で返済が難しくなったり、新たに借り入れをしないと生活していけないのでは、本末転倒です。任意整理に強い弁護士を探すには、街角法律相談所で3つの簡単な質問に答えるだけです。

 

 

街角法律事務所の無料シュミレーターを活用すれば、あなたにあった任意整理に精通した弁護士を紹介してくれます。

 

借金減額シュミレーターはコチラ

 

また、信頼おける弁護士に連絡した方は、テレビCMでも有名なアヴァンス法務事務所をお勧めします。アヴァンス法務事務所は、認知度はもちろん、顧客満足度も非常に高いので、安心して無料相談をすることができます。

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。