借金時効と個人情報

MENU

借金時効への道:個人情報がブラックに?

 

法律上に定められているルールとして、あらゆるものには時効というものが適用されます。時効が適用されるものとしては、借金についても例外というわけではありません。

 

貸金業者などから借り入れを行っている借金についても、最後に返済を行ったときから長い期間が経過すると消滅することになります。消滅時効としては貸金業者などからの借り入れに関しては、5年ほどの期間となっています。

 

ただし、そのまま放置をしておいて一定の期間が経過したからといって効力があるわけではなく、援用する必要があります。援用とは相手方に通知を行うもので、借金に関する時効の援用を行うときには借り入れを行っている貸金業者に対して内容証明郵便を使って通知を行います。

 

援用を行って借金の消滅時効が成立したときには、個人の信用情報としては登録から削除されることになります。

 

消費者金融業者などの貸金業者については、個人情報を取り扱っている信用情報機関に登録していることになりますが、援用を行って借金の支払い義務を消滅させたときには完済したときと同じ扱いになりますので、信用情報機関からブラックリストとしての個人情報が消滅します。

 

借金の借り入れ先としては、クレジットカードなどを取り扱っている信販系の会社である場合もあるわけですが、信販系の個人情報を取り扱っている信用情報機関の場合には援用をしてからは貸倒れ登録となるために5年間においては信用情報が登録されることになっています。

 

援用された後においても債権者側で信用情報についての訂正を行わないときには、調査依頼をすることも可能です。

 

ただし、援用を行った場合においても差し押さえや債務の承認、裁判上の請求を債権者側が行うことによって、中断させることができますので、そのときには信用情報機関において確認する必要性があると言えるでしょう。

 

裁判上の請求が行われたり、債務者の財産などについて債権者が差し押さえをしてきたときには、弁護士に相談することで自己破産などの手続きを検討する必要があります。