個人再生 クレジットカード 利用

MENU

個人再生豆知識:手続き中、クレジットカードは利用出来るの?

 

個人再生から借金返済計画を立て直す場合にその期間中は今持っているクレジットカードを利用することができるかどうかわからない部分です。これは結論として自分が利用しているカード会社の対応によります。

 

そのカード会社にある借金を個人再生から借金整理するなら、それは手続きを進める中で近い将来に簡単に利用停止になるので覚えておきましょう。

 

この理由はとても簡単であり、そもそも借りたお金を返済することができなくて、個人再生から返済計画を立て直しているのですから、カード会社にとっては返済率から利息を考えても、お金を貸すメリットがあまりありません。

 

個人再生中でもクレジットカードを使えるケースとして、そのカード会社の借金を債務整理しない場合やカードはあるけど借金をもっていない場合などです。

 

このように個人再生中にカードを使えるかどうかは基本的にカードの借金を整理するかどうか、そしてカード会社の対応次第ということになります。個人再生後はカードを使えるかどうか、これも似たような話になります。

 

借金を整理したカード会社のカードは基本的に使えなくなります。その理由は上記で説明した通りですが、他のカード会社でも新たにカードを作ることが難しくなります。

 

個人再生を含めて債務整理というのは借金の返済計画を立て直すことができる反面、信用記録が残ってしまいます。

 

どのような商品の融資でも、お金を借りるためには審査を受けることになりますが、この審査の中では信用をチェックされてしまいます。簡単な話、信用できる人物にしか融資はしないというのが金融会社です。そうしなければ金融会社も経営が危うくなるからです。

 

信用できるかどうか、これは返済でトラブルが起きるかどうかです。つまり、信用記録が残ってしまったら審査に合格することが難しくなるので、個人再生後は新たにカードを作りたくても、なかなか審査に通ることができなくて困ることがあるので覚えておきましょう。