借金の,時効援用は弁護士に依頼

MENU

借金の時効援用は弁護士に頼もう

 

借金については弁済期であったり、最後の返済から一定の期間が経つことによって消滅時効が成立することになります。一定の期間というものは商事債権の場合であれば5年、一般的な債権に関しては10年と定められています。

 

借り入れを行っている貸主が消費者金融業者などの貸金業者のときには、貸金業者が会社の場合であれば5年、個人のときには10年となります。銀行からの借り入れのときには5年になりますが、信用金庫からの債務の場合では10年の期間が必要になります。

 

消滅時効の権利を成立させるためには、権利を行使する必要があります。借金に関しての消滅時効については、債務者が援用をすることによって、債権者である貸金業者などは借金の返済を請求できなくなります。

 

援用とは生じる利益を行使する旨を相手方に伝えることをいい、具体的には内容証明郵便などで通知を行います。

 

内容証明郵便とはどのような内容の郵便が送られたのかという点について、郵便局が証明してくれるサービスで、文書が到達したことに加えて到達した文書の内容についての両方が証明できます 内容証明郵便によって送付することによって、裁判上の証拠にすることが可能です。

 

時効による利益は援用を行うことによって発生しますので、これらの手続きに関して弁護士に相談することができます。弁護士に借金問題についての相談をすることで、債務が特定されているときには貸金業者などに対して受任通知を発送してもらうことができますので、それによって取り立てや督促を止める効果があります。

 

最後の返済時点から長期間が経過している場合であっても、中断事由として債務の承認や差し押さえ、裁判上の請求が行われたときには時効が中断することになりますので、借金は消滅しないことになります。

 

差し押さえの停止や借金の一括返済を請求されたときにおいては、弁護士に相談することによって自己破産や個人再生の手続きについて検討することになります。