債務整理と住宅ローン

MENU

債務整理をしたら住宅ローンは組めるのか?

 

過去に任意整理をしたことがあっても住宅ローンを組むことができるのでしょうか?

 

ローンが組めるかどうかを判断するには、金融機関がどのようにローンの審査をしてるのかを知ることが大切です。それでは、住宅ローンの審査は何をみているのでしょうか?

 

債務整理で審査される内容

 

住宅ローンを組むために、金融機関は主に以下の内容に関して審査します。

  • 住宅ローンを申し込んだ本人の年収
  • 勤務先情報
  • 本人の信用情報

上記の情報をもとに、申請者の融資を実行するかどうかを決めるのです。

 

債務整理後の住宅ローン審査

 

債務整理をしたことがある人は、本人の信用情報(いわゆるブラックリスト)に掲載されています。ローン会社が信用情報を照会した際に、過去に債務整理に関する履歴が残っていると、住宅ローンの審査に大きな影響を与える場合があります。

 

ちなみに、この情報は本人でも確認することができるので、ローン申請をする前に一度ご自身で確認することをお勧めします。確認する必要のある信用情報機関は以下の3つです。

 

株式会社 シー・アイ・シー (CIC)
全国銀行個人信用情報センター (KSC)
株式会社日本信用情報機構 (JICC)

 

上記の3つの機関で情報を開示すれば、自分がまだブラックリストに載っているかを確かめることができます。

 

なお、信用情報を調べる時は、3つの機関すべてに情報を開示してもらうようにしましょう。「JICCでは消えているけど、CICではまだ残っていた」という様な事がないように注意が必要です。

 

 債務整理と住宅ローンに関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

債務整理後に信用情報が消えるまでの期間

 

債務整理を行うと信用情報機関に事故情報が掲載されます。信用情報に掲載された情報が消えるまでの機関は債務整理の方法によって変わってきます。

 

任意整理/特定調停をした場合: 5年間
自己破産/個人再生をした場合: 10年間

 

信用情報から消えたのにローンが組めない?

 

債務整理してから5年(自己破産や個人再生の場合は10年)経って、3つの信用情報機関を調べたら事故情報が消えていたので、いよいよ住宅ローンを組もうと思って申請したら、住宅ローンが通らなかったという話を聞くことがあります。

 

これは、債務整理をした際に関わりのあった金融機関でからは、その後一生住宅ローンを組むことができないからです。言い換えれば、債務整理をした時に全く関係ない金融機関であれば、ローンが通りやすいという事です。

 

住宅ローンの債務整理

 

不動産を債務整理することはできますが、住宅ローンを組んでいる場合、通常購入した物件に抵当権がついています。

 

抵当権とは、ローンの返済ができなくなった場合、強制的に不動産を競売にかける権利の事です。従って、金融機関に返済を猶予してもらいたい旨を伝えると、抵当権が実行されて、物件が競売にかけられてしまう可能性があります。

 

もし自宅を残したまま債務整理をしたいと考えている場合は、個人再生を検討するべきでしょう。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。