借金の時効援用にかかる費用

MENU

借金の時効援用にかかる費用

 

人生の節目には、さまざまなイベントがあり、それに伴いお金も必要になります。そのような時期に、都合良く預貯金などのお金があればいいのですが、タイミングが悪く手元に余裕資金がない、という場合も少なくないでしょう。

 

例えば、定期預金や株などの投資で資産を運用している場合は、急に現金が必要になっても、なかなかお金を工面することが難しいものです。そのような時には、少額でも資金を貸し付けてくれる金融業者がありますので、そのようなサービスをうまく活用したいものです。

 

しかし、お金を借りた時点ではすぐに返済できるめどがついていたにもかかわらず、その後の不測の事態により、借金の返済が難しくなってしまう場合があります。

 

例えば、お金を借りて、返済期間の最中であるにもかかわらず、会社が倒産してしまったり、思わぬリストラにあってしまう人がいます。このようなことが起こると、毎月の給料が得られなくなってしまうために、借金返済が全く不可能になってしまうのです。

 

そして、その間も借金の金利が雪だるま式に膨らんで、身動きが取れなくなってしまう、という人は少なくありません。

 

しかし、破産申し立てなどをしなくても、借金を返さずにすむ仕組みがあります。それは、時効の援用活用することです。

 

借金は、最後に弁済をした日から起算して、五年または十年が経過すれば、時効が成立するので、それ以降はお金を返す必要がなくなります。しかし、この制度を活用するためには、ただ期間が過ぎるのを待っているだけではいけません。

 

時効を援用する旨を申し立てる書面を、金融業者に内容証明郵便で送る必要があるのです。この書類の作成は、一般の人にはできませんので、法的資格を有する弁護士に依頼する必要があります。

 

弁護士への依頼費用は、金融業者一社につき、約三万円となりますが、複数業者に対応する場合は、一定の割引率が適用されます。たったこれだけの費用で、多額の借金が清算できることを考えれば、非常に格安だと言えるでしょう。