個人信用情報 KSC CIC JICC

MENU

個人信用情報とは

 

ブラックリストと呼ばれる事故情報が登録されている信用情報機関のことを指します。いわゆる債務整理をした人の事故情報が登録される信用情報機関は主に以下の3つの組織になります。

 

株式会社 シー・アイ・シー
全国銀行個人信用情報センター
株式会社日本信用情報機構

 

上記の3者は昭和63年に構築された個人信用情報の交流システム、CRedit Information Networkの略であるCRIN(クリン)の運営にあたっています。

 

それぞれの個人信用情報機関が持っている個人信用情報のうち、遅延に関する情報や各個人信用情報機関に、本人が申告した本人確認書の紛失盗難に関する情報などを交換しています。

 

それぞれの個人信用情報機関の会員会社は、それぞれが加盟する個人信用情報機関を通じて、CRINを利用することが可能です。その情報から、消費者への過剰貸付や多重債務者の発生を未然に防いでいます。

 

それでは、それぞれの機関を詳しく解説していきましょう。

 

株式会社 シー・アイ・シー
株式会社シー・アイ・シー(CIC)は、日本クレジット協会などが運営する信用情報機関です。CICには、クレジットカード会社や携帯電話会社、信販会社、消費者金融会社などが主に加盟しています。それ以外にも、一部の金融機関なども加盟しています。

 

全国銀行個人信用情報センター
全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、全国銀行協会(全銀協)が運営する信用情報機関です。KSCに加盟しているのは、主に銀行や信用金庫などの金融機関です。銀行系のカードローンや住宅ローンの他、法人融資で代表者が連帯保証人になっている場合、その情報もここに登録されています。

 

株式会社日本信用情報機構
株式会社日本信用情報機構(JICC)は、消費者金融専業会社と商工ローン会社が運営する信用情報機関です。加盟しているのは主に消費者金融業者ですが、それ以外にも、一部の金融機関や携帯電話会社などが加盟しています。

 

 債務整理に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

信用情報機関に登録される内容とは?

登録される利用者の個人情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • 自宅住所・自宅電話番号
  • 勤務先名・勤務先住所・勤務先電話番号

登録される利用者の借入情報

  • 契約情報(契約先名称とその利用限度額など)
  • 契約日
  • 借入金額
  • 支払形態
  • 返済回数
  • 支払残高
  • 次回返済日

登録される利用者の事故情報/異動情報

  • 長期延滞
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

個人信用情報機関と審査

 

登録される情報が分かったところで、クレジットカード会社やローン会社がどのようにして個人信用情報機関を利用し、審査をしているでしょうか?

 

クレジットカード会社やローン会社は新規申し込みがあった時、自社が加盟している個人信用情報機関へアクセスし、その申し込みをした方の今までのクレジット情報を閲覧します。もちろんその判断基準は会社や組織によって様々でしょうが、ここでは基本的な事項をご紹介します。

 

ブラックリストのチェック

 

まず調べられるのが申し込みをしてきた方がブラックリスト状態かどうかという事です。ブラックリストの状態とは、支払が3か月以上延滞している異動情報、自己破産・個人再生・任意整理・特定調停などの債務整理をしたネガティブ情報などの登録がなされているかを指します。

 

ここで、ブラックリスト状態ですとほぼ間違いなくこの時点で審査落ちになります。

 

入金履歴のチェック

 

例えばCICでは、過去24か月以内の入金履歴が全て登録されています。それを閲覧すると、その人の入金(支払)状況がはっきりわかるので、しっかりと期限日までに入金をする人間かどうかなど一目瞭然です。

 

毎月クレジットカードを使っていて、しっかりと毎月返済している人などは、クレジットヒストリーがプラスになります。

 

反対に一部入金や未入金が多い、延滞情報が多い人は、お金に対してルーズな印象を与えてしまうため、審査がマイナスになる可能性もあります。

 

他社クレジットカード保有数

 

クレジットカードの適切な保有数は年齢などによっても違ってきますが、例えば30代の方が2〜3枚を長期間にわたって持っていたとすると、審査にプラスになります。

 

もし延滞などを起こす人の場合、クレジットカードの更新はできませんし、もっとひどい場合には強制解約などもあり得ます。従って、クレジットカードを長期間持っている人=信用が高いのです。

 

反対にあまりにもクレジットカードの保有枚数が多いと怪しまれるかもしれませんが、ある程度の枚数を長期間保有しているという事が1つのポイントです。

 

クレジット申し込み件数

 

申込みをしたクレジットは、半年分の履歴が残ります。この申込みの数が多いと、多重申込みとなり、クレジットカードの審査に良くない印象を与えることになります。