多重債務者の問題解決方法

MENU

なぜ多重債務を抱える人が増えているのか?

 

日本が不況と言われて久しいですが、この不況下でお金の事で悩んでいる人は相当数存在します。あなたのすぐそばにも借金問題を抱えている人が大勢いるのです。借金苦が原因でサラ金やヤミ金からお金を借りてしまい、月々の返済に頭を悩ませている人もいます。

 

お金の貸し借りは基本的に借りた側の事情によるものが大きいので、貸す側としてはしっかりと約束通りに返済してもらうことを前提に貸している訳です。その約束を破ってお金を返せないとなると、貸した側としては厳しい取り立てをしてでも回収をしたいというのが本音だと言えるでしょう。

 

しかし金融機関の中には「利息制限法」という法律で定められた利子率以上の金利で貸し付けをしている業者もいます。そこで債務者から莫大な金利を取るんです。

 

ですが、今ではその方法は違法になるれっきとした犯罪になります。借りる側である債務者にも「債務整理」という法律として認められている借金減額や免除方法があるので、現在借金で苦しんでいる人たちにも生活を立て直す機会はあります。

 

 多重債務に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

多重債務者ってどのくらいいるの?

 

複数の業者からお金を借りている人、いわゆる「多重債務者」ですが、中には「5社から借りていて借金の合計が一体いくらになっているのかわからない」なんて言う方もいます。そういう人たちは常にお金に追われている生活をしています。借りたお金を返すために他から借りてそれで返す・・・自転車操業ですね。

 

多重債務者の中でも大きな問題になっているのが、月々の返済ができなくなってしまい、常に何かから逃げて息をひそめて生活している人が、日本に150万〜200万人いると言われています。出口の見えない生活で精神的にも相当厳しいと思いますが、現実にこのような状況で苦しみと闘っている人が沢山いるのでしょうね。

 

借金をする原因

 

借金をする理由は千差万別ですが、今の日本の仕組みもその原因の1つになっています。日本では簡単にお金が借りることができます。

 

例えばクレジットカードがあれば、現金がなくても簡単に買い物をすることができます。またクレジットカードのキャッシングサービスや消費者金融などでもお金をつくることが難しくありません。

 

そのような環境下で、自分でも気づかないうちにお金に対する感覚がマヒしてずれてくるのです。国民生活センターの調べでは、多重債務に陥るきっかけは、ほとんどの場合生活費の足しにする考えて始めたものです。意外にもギャンブルや浪費のためにお金を借入していた多重債務者は全体の20%程でした。

 

しかし、そのような多重債務での生活がいつまでも成り立つわけもありません。できるだけ早く借金を返済して通常の生活に戻らないと、周りの人間を巻き込むトラブルになってしまう可能性があります。1日でも早く行動し、次のステップに踏み出すことが重要です。

 

脱!自転車操業

 

借りている借金の利子を返済するために、他の業者から新たな借金をして返済にまわす・・・なんていう自転車操業は出口のない方法です。そんな方法では何も問題が解決しません。問題解決よりも状況を悪化させる一方です。

 

まずは「債務整理」という法律で認められた方法で、現状を打破する方法を模索することが大切です。自分でやるとなると相当困難なので、債務整理のプロである弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。