債務整理と任意売却

MENU

債務整理と任意売却の違いとは?

 

債務整理や任意売却という言葉は聞いたことがあるけど、その違いについて知っているかと聞かれたら、きちんと答えられる人はそんなにいないのではないのではないかと思います。

 

ここでは、債務整理と任意売却の特徴と違いを詳しく見ていきます。

 

任意売却とは

 

任意売却とは、住宅ローンを組んで不動産購入後、そのローンの返済が困難になってしまった場合に、債権者が合意をしてくれたら不動産を売却する事を言います。

 

売却してできたお金をローンの返済に充て、引越費用なども整理して今後の生活再建を行います。ちなみに、任意売却は競売をするよりも一般的な相場で売却することができるので、金額的に大きなメリットとなります。

 

債務整理とは

 

債務整理とは、様々な状況の変化等によって今までのように借金の返済を続けていくのが難しくなってしまった場合、債権者と交渉をして借金の減額や月々の返済額を減額してもらう事によって、今後もしっかりと返済できる方法を見つけることです。

 

債務整理にはいくつかの方法があります。任意整理、個人再生や特定調停など借金を減額して支払続けていく方法もあれば、自己破産のように借金を免除してもらう代わりにすべてを失うという方法もあります。

 

債務整理と任意売却を絡める

 

消費者金融からの借金と、住宅ローンの両方があり、双方の借金返済が難しくなっている場合、今後の見通しがつかない場合、債務整理と任意売却を絡めて勧めていくこともあります。

 

例えば任意売却をして、そのお金で住宅ローンの残金を支払い、さらに消費者金融からの借り入れの一部を返済する、または帳消しにするなどの方法があります。

 

債務整理には様々な方法があるので、あなたの現状にあったやり方を選択するのが最も重要です。そのためにも、自身で判断されるのではなく、まずは債務整理や任意売却のプロである専門家に相談することをお勧めします。

 

「借金生活を終わりにしたけど、破産だけはしたくない」「どうしてもマイホームを売却しないで借金をどうにかしたい」「あまりにも借金が多すぎてこれ以上何もできない」など、人によって状況は様々なはずです。

 

どのような状況でも必ずあなたにあった解決方法があるので、まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう。