結婚で借金はばれるか

MENU

結婚すると相手に借金がばれるの?

 

借金によって結婚が破たんするという話が一般的に少なからずあります。自分の借金なので付き合っている相手には関係のない話と思うものですが、結婚をするとなればそれぞれの収入と支出は個別なものではありますが、家庭として考えるとやはり負債を背負っている相手なら、家庭に負債も交じってくることになるので、人によっては嫌気します。

 

これが理由となり、結婚が破談になることがあります。自分の借金は相手にばれるのかどうか、これはいずればれる可能性が高いです。何故なら、生活をしている中でもし返済が遅れてしまうことがあると、自宅に郵送や電話から催促されます。借金の返済が遅れることがなければ、相手にばれる可能性は低いですが、家庭の収支ということを考えると、給料からどのくらい家庭にお金が入るのかが重要となり、給料の割合からあまりにも家庭に入るお金が少ないと、どうしてなのかと聞かれることも当然出てきます。

 

結婚してから自分が借金を持っていることがばれてしまい、こうして離婚をするというケースは珍しいものでもありません。この場合、人によっては慰謝料を請求してくることもあります。結婚をする前に大きな借金があることを知らされていないという理由から慰謝料請求されると、弁護士を雇って争うとしても出費が大きくなります。

 

上記のように借金が理由で色々なケースに発展することがあるので覚えておくとよいです。自分で返済することが難しい場合は債務整理をするという手段もあります。まだ、借金を持っていることが相手にばれてしまうよりも、債務整理をした過去を打ち明けるほうが楽でもあります。債務整理をするなら方法を選択することが重要です。

 

任意整理など、いくつかの債務整理の方法があるので、自分にとってどのような債務整理の方法が最適なのかを相談してみるとよいです。無料で相談を受けてくれる弁護士もたくさんいるので、まずは相談先の事務所を探してみましょう。