任意整理の流れ

MENU

任意整理の流れ

 

債務整理の中で最もよく使われている任意整理ですが、実際にどのようにして任意整理が進んでいくのかを詳しく解説していきましょう。 

STEP1 弁護士や認定司法書士に無料相談を申し込む

 

インターネットなどを使って無料相談可能な弁護士や認定司法書士を探すこともできますが、一体どの弁護士や認定司法書士がいいのかを判断するのは困難です。

そこで、全国約3000人の専門家が登録している日本法規情報へ連絡することをお勧めします。

 

日本法規情報無料相談窓口:
050-5577-7420

 

日本法規情報に連絡すると、経験豊富なスタッフがあなたの条件に最適な専門家を複数名案内してくれます。案内してもらった各事務所へ連絡をして、無料相談のアポイントを取ります。

STEP2 弁護士や認定司法書士との無料相談

 

弁護士や認定司法書士との無料相談では、債務者の状況が本当に任意整理に適している債務整理方法なのかどうかも含めて聞かれます。どの弁護士や認定司法書士でもこの無料相談で聞かれることは大体以下のものになると思います。この相談までは金銭が発生しないので、案内してもらった弁護士や認定司法書士の全員へ相談するべきでしょう。

 

無料相談で聞かれるであろう内容

  • 金利や借入日時、残債額、借入額など、現在の借入状況
  • 現在の収入状況
  • 現在の生活費や資産状況
  • 債務整理の意識確認
  • 月々の返済可能額

STEP3 債務整理の方向を決めて、自分に合った先生に依頼する

 

数社の弁護士事務所や司法書士事務所に実際に足を運んで無料相談をした結果、自分が一番信頼できそうと感じた事務所(先生)に依頼します。人には合う合わないがあるので、自分が一番居心地良く、そして安心できる先生に依頼しましょう。案件を依頼する委任契約を締結し、着手金が発生するところはこの段階で着手金の支払いをします。

STEP4 受任通知書を債権者に送付

 

債務者から依頼された弁護士や認定司法書士から債権者へ向けて「任意整理を依頼されました」という受任通知(介入通知)を送ります。これを受け取った債権者はこれで債務者への直接の取立てや請求ができなくなります。
貸金業法21条1項9号により、弁護士等が受任通知を貸金業者(無登録業者を含む)に行えば、貸金業者の直接の取立行為は禁止され、これに違反した場合は同法47条の3により2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、又はこれらが併科されます。

STEP5 各債権者から取引経過を取り寄せ、引き直し計算

 

受任通知を各債権者へ送った後に、弁護士や認定司法書士は各債権者から今までの取引状況と経過の詳細情報を取り寄せます。弁護士や認定司法書士は、それをもとに引き直し計算をして、正確な借金の総額を確認します。もし過払い金などが発生するのであれば、この時点で返還請求金額も計算してくれます。

STEP6 和解案(弁済案)の作成・送付

 

引き直した計算結果をもとに、返済計画を作り和解案(弁済案)を作成し、それを各債権者送付します。通常は36回3年間)以上の分割払い、また今後の利息のカットなどを定めることになります。

STEP7 和解交渉

 

作成・送付した和解案をもとに各債権者と交渉に入ります。各債権者の同意が得られるまで和解案を調整しながら、落としどころを探りながら各債権者の同意を取り付けます。しかし、最近では各債権者も不景気のため同意を得られない場合があります。そのような場合は、裁判所を使った民事再生や特定調停など、別の債務整理方法を検討することもあります。

STEP8 和解契約の締結

 

債権者との間で話がついた場合は、和解契約を締結します。和解契約は口頭で行っても契約を締結したことになりますが、後になて言った言わないの水掛け論になってしまっては本末転倒なので、和解書(合意書)を取り交わします。和解書を取り交わしておくことによって、任意整理に決定的な法的効力を持たせることができます。つまり、約束に違反した場合は約束を守るように請求したり、または契約違反の責任(債務不履行責任)を問うことができるようになるということです。
例えば、債権者が任意整理の約束を破って一括での支払いを求めてきたとすると、債務者は和解契約を盾にしてこれを拒否することができます。契約通り分割でなければ払わないと主張することができるのです。
同時に、もし債務者が任意整理の約束を破って支払を滞らせたりした場合、債権者は契約違反を主張して裁判を起こしたりすることができるのです。

STEP9 和解契約に基づいて返済開始

 

和解契約が成立したら、その和解契約の内容に従って返済をし始めます。通常の場合は、まず弁護士費用等を全額支払い終わった後からら債権者への支払いを開始しますが、最近では弁護士や認定司法書士も分割払いに応じてくれるところが増えていますので、依頼した先生に確認しましょう。

STEP10 任意整理完了!

 

毎月決められた金額を3年間(場合によっては最長で5年間)しっかり払い続けたあなた。これで全ての任意整理が終了です。

長い間大変だったでしょうが、お疲れ様でした!
さあ、新しい人生の始まりです。

 

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。