遅延損害金の対処法

MENU

任意整理と遅延損害金について

 

借金返済の際に、利息以外に「遅延損害金」というものがかかってくる場合があります。遅延損害金は利息と同様に年利○%と決められているので、一見すると利息と混同しがちですが、実際には全くの別物なのです。

 

任意整理を行う場合、遅延損害金がかかってくるかどうか、気になりますね。答えは、任意整理をすると未払いの利息(最終取引から任意整理手続きにおいて債権者と和解が成立した日までに発生した利息)は払わなくていいのです。

 

利息とは

 

利息とは、元本債権の存在を前提にして発生する元本の収入の事です。つまり、借りた金額に対しての対価として上乗せされる金額を指します。

 

利息を定めないでお金の貸し借りをすることも可能ですし、利息を付けて貸し出しをすることも可能です。利率の定めがないことも可能ですが、その場合、法定利率は年利5%とされています。もしこれが個人間ではなく商人間でのやり取りであれば年利は6%となります。

 

遅延損害金とは

 

遅延損害金とは、金銭債権で債務不履行があった場合に支払う損害賠償金の事を言います。つまり、借金の返済が期日までに支払うことができなかったことに対する損害賠償の事です。

 

遅延損害金の利率を契約で決めていればそれに従いますが、利率を決めていない場合は年5%になります。また、金銭のやり取りが商人間であれば6%になります。この遅延損害金は結構な額になってくる場合があるので、無視できません。

 

なお、遅延損害率の上限は利息制限法の利率の1.46倍までとなっております。

 

金銭消費貸借契約の場合

 

利息と遅延損害金については、原則として当事者間で約束した場合はそれに従えばいいのです。しかし、金銭消費貸借契約の場合には、当事者で約束したとしてもいくらでもいいという訳ではありません。具体的には利息制限法によって以下のように定められています。

 

遅延額×遅延損害率(年率)÷365日×遅延日=数遅延損害額

 

具体的な利率は以下の通りです。

  • 10万円未満:29.2%以下
  • 10万円以上100万円未満:26.28%以下
  • 100万円以上:21.9%以下

 

和解契約書を提出した場合

 

上記のような高額な利息や遅延損害金を支払わないようにするために、「任意整理手続きをする際に未払い利息・未払い遅延損害金付さない和解案の提示をする」という基準があるので、弁護士や司法書士に依頼し合場合には、この基準に基づいて手続きをします。

 

さらに遅延損害金以外にも、将来発生するであろう利息に関しても支払う必要がなくなりますので、和解契約書を通して決定した金額だけを支払えばいいのです。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。