ブラックリストに載るとどうなる

MENU

ブラックリストに載るとはどういうこと?

 

ブラックリストと聞くとどのようなイメージを持たれるでしょうか?なんとなく破産した人が載っているなど、漠然としたイメージを持たれているかと思いますが、実は「ブラックリスト」というリスト自体は金融業界では存在しないのです。

 

ではなんで一般的にブラックリストと言われているのでしょうか?

 

ローンを組んだりクレジットカードを作ったりする場合、顧客情報が信用情報機関に登録されます。

 

もしある一定期間返済が滞ったり、債務整理をした場合、事故情報(移動情報や遅延情報、ネガティブ情報とも呼ばれます)として登録されます。この信用機関に登録される事故情報のことをブラック情報=ブラックリストと呼んでいるのです。

 

上記のように、実際にブラックリストというリストは存在しませんが、事故情報として登録されている状態のことを「ブラックリストに載っている」と表現するのです。

 

ブラックリストに載るとどうなる?

 

ショッピングローンを組もうとしても審査で引っかかる
クレジットカードを申し込んだ時、審査が通らずカードを作れない
住宅ローンが組めない
自動車をローンで買うことができない

 

ブラックリストに載ってしまうと、上記のような事になります。では、どうするとブラックリストに載ってしまうのか、詳しく説明していきましょう。

 

返済の滞り
金融機関からの借り入れ返済、カードでの支払いの支払い予定日を3か月くらい遅れた場合、もしくは3回以上滞ったことがある場合、ブラックリストに載る可能性が高いです。

 

残高不足で引き落としができなかった場合は、半月後に再度引き落としされる時までに指定口座にお金が入っていれば、延滞扱いにはなりません。

 

債務整理
弁護士や認定司法書士を通して自己破産・個人再生・任意整理などの債務整理をした場合、債務者の情報がブラックリストに載ります。

 

代位弁済
契約者が借金を返済できない状態になって、連帯保証人や保証会社等が代弁返済するとブラックリストに載ってしまいます。

 

ブラックリストの影響力

 

上記のようにブラックリストに載ると、今後の人生全くローンが組めないようなイメージを抱いてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

 

ブラックリストに載る期間は一定期間で、その期間を過ぎるとブラックリストから消えます。一定期間はブラックリストに載った理由によって異なります。下記に大体の目安を記載しますので、参考にしてください。

  • 支払予定日より3ヶ月支払遅延: 5年間
  • 任意整理: 5年間
  • 特定調停: 5年間
  • 個人再生: 5年間
  • 自己破産: 5〜10年間

このように、一定期間新規の借り入れが制限されてしまいますが、逆に言うとそれ以外の事へは何の影響もありません。ブラックリストに載ると就職が不利になるとか、勤め先から調査されるとか、資格取得へ影響があるとか、そのような心配はありません。

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加