法テラスの無料相談の条件

MENU

法テラスとは

 

日本司法支援センター(通称:法テラス)は、借金問題、離婚問題、交通事故など、相談する相手がいない法的トラブルを抱えた人に対して、法的トラブル解決に必要な情報やサービスを提供する場所の事です。

 

しかし、そんな法テラスもその人の状況や環境によっては良くも悪くもなるのです。それでは、法テラスはどんな人にとって利用すべき機関で、どんな人にとって利用すべきでない機関なのでしょうか?法テラスのメリットとデメリットを挙げながら見ていくことにしましょう。

 

法テラスのメリット

 

それでは、どんな人にとって法テラスは利用すべき機関なのでしょうか。具体的なメリットを見ていくことにしましょう。

 

弁護士費用一時立替制度

 

法テラスは民事法律扶助制度を利用できるのが最大のメリットです。低所得者の債務に対してのみですが、弁護士や司法書士に支払う報酬や手続き費用を一時的に建て替えることができます。

 

もちろん建て替えなので、後々利用者が支払わなければならないのですが、弁護士や司法書士に支払うお金がない人にとってはメリットになると言えるでしょう。

 

全国に事務所ある

 

法テラスは全国各地に地方事務所があるので、直接事務所へ出向いて相談することも可能です。借金問題のようにデリケートな問題の場合、電話ではなく直接人と話したいという人にとっては、実際に事務所で人と顔を合わせてお話しすることができるので、そのような人には向いているでしょう。

 

法テラスのデメリット

 

上記とは反対に、どんな人にとって法テラスは利用すべきでないのでしょうか。具体的なデメリットを見ていくことにしましょう。

 

弁護士が選べない

 

法テラスを利用した場合、自分で弁護士を選ぶことはできません。従って、債務整理が得意ではない弁護士にあたる可能性も多いにあります。

 

債務整理をする場合、弁護士によって帰ってくるお金の額や期間に相当ばらつきがあるので、確実に債務整理経験豊富な弁護士や司法書士に依頼したいと考えている人には不向きかもしれません。

 

時間がかかる

 

法テラスを通して債務整理の手続きを行う場合は。その手続きに入るまでに1か月程待機しなければならない場合があります。

 

その場合、法テラスで自分の担当弁護士や司法書士が正式決定されるまで、各債権者に受任通知(介入通知)を送付することができないため、その間は借金の請求や取り立てに自分で対応し続けなければならないのです。

 

従って、法テラスは急いで借金問題を解決したい人には不向きでしょう。

 

収入条件がある

 

法テラスは基本的に誰でも利用することができるのですが、そこには条件があります。その条件とは「収入が一定額以下である人」に限られるという事です。言い換えると「収入が法テラスの定める一定額以上ある人は利用できない」のです。

 

どのようにして債務整理に強い弁護士を探すか?

 

債務整理や借金問題に強い経験豊富な弁護士や司法書士を探すには、まずはインターネットを使うことを思い浮かべる人も多いと思います。

 

しかし、インターネットを調べてみるとわかるのですが、ものすごい数の法律事務所が出てきます。そんな中から自分のニーズにあった事務所を探すのは、砂漠の中から1粒の砂を探す様なものです。

 

では、どうやって探すか?それは。日本法規情報へ連絡することです。

 

日本法規情報無料相談窓口:
050-5577-7420

 

日本法規情報には3000名以上の「その道のプロである専門家」が登録しています。日本法規情報へお電話されると、経験豊富なスタッフがあなたの条件に最適な専門家を複数名案内してくれます。

 

あなたの場合、「債務整理に強い弁護士」という条件をお伝えすれば、債務整理に強い弁護士事務所や司法書士事務所を案内してもらます。そして、案内してもらった各事務所へ連絡をして、無料相談のアポイントを取ってください。