借金時効 個人 請求

MENU

借金時効への道:金融機関と個人

 

お金に困ったときに借金をするケースは業者から借り入れるものや、個人から融資を受けるものなど様々あると考えられます。借金については最後の返済を行ったときや、または弁済期からある程度の期間が過ぎてしまうことによって消滅させることが可能です。

 

債権においては法律的な手続きを行うことが可能ですので、貸主か借主のどちらかが商法上における商人である場合には商事債権という取り扱いになりますので、消滅時効が完了するまでにかかる期間は5年となります。

 

貸主も借主もどちらも商人ではないときであれば、一般的な債権という扱いになって消滅時効が認められるまでの期間は10年になります。

 

借金の消滅時効を考えるときには、貸主や貸主が商品であるかどうかという点が大切なポイントになると言えます。貸主がサラ金や消費者金融業者などの貸金業者であるときには、会社から借り入れをしているときには5年、個人からの借り入れであるときには10年の期間となります。

 

銀行などの金融機関から融資を受けている債権については、5年経過した時点で時効が成立します。信用金庫から借り入れを行っているときには、信用金庫においては営利を目的として営業を行っているわけではないという判例があるために会社としての扱いになりません。

 

ですので、信用金庫から借り入れを行っているものが、消滅するまでに必要な期間は10年です。

 

住宅ローンの借り入れ先として考えられるものとして、住宅金融支援機構というものがありますが会社ではないですので、住宅金融支援機構からの住宅ローンの融資を受けているものは10年の期間の経過が必要になります。

 

なお、これらの消滅時効が成立するために援用を行った場合であっても、中断事由としての裁判上の請求などが行われたときには、経過していた期間は全て最初に戻ることになります。

 

援用の手続きに関しては、弁護士などの法律的な専門家に依頼することも可能です。裁判上の請求などの手続きを債権者に取られたときには、債務整理の方法を使って借金問題を解決することが最善の選択と言えるでしょう。