任意整理と住宅ローンの関係

MENU

任意整理と住宅ローンについて

 

任意整理は債務整理の中で最もよくつかわれる方法の1つです。そんな任意整理をした場合、住宅ローンはどうなるのか?気になるところですよね。ここでは、以下の内容について詳しく説明していきます。

 

任意整理中に住宅ローンが組めるのか?
任意整理後に住宅ローンを組めるのか?
任意整理前に組んでいた住宅ローンは?

 

それでは各項目を見ていきましょう。

 

任意整理中に住宅ローンが組めるのか?

 

借金の返済が苦しくて任意整理を選ばれる方は多いです。そして弁護士や司法書士に依頼して任意整理の手続きを済ませ、以前よりもずいぶん減った月額支払額を問題なく返済しています。

 

そうすると、マイホームがほしくなるという方が出てきます。任意整理をしてその返済がまだ終わっていない段階で住宅ローンがくめるのでしょうか?

 

答えは、「任意整理中に住宅ローンを組むことはできません。」

 

まず、任意整理をするとその行為が事故情報として個人信用情報機関に掲載されます。これを俗にいう「ブラックリストに載る」と言います。すなわち金融業界に対して信用を大幅に失ったことになるのです。

 

従ってこの時点で新たにローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることはできないのです。

 

日々の借金返済が楽になって生活にも余裕が出てきたから、マイホームの購入を考えることは悪くありません。人間として当然の心理状態です。しかし、一度失った信用を取り戻すには多くの年月が必要になります。

 

その間はマイホーム購入のための頭金を作る時期と割り切って毎月余ったお金をしっかり貯金して、住宅ローンが組めるようになってからその頭金で住宅購入を考えてみてはいかがでしょうか。

 

任意整理後に住宅ローンを組めるのか?

 

任意整理中に住宅ローンを組めないことは上述の通りです。では、任務整理で借金を全額完済した場合、新たに住宅ローンを組むことはできるのでしょうか?

 

答えは、「任意整理後5年すれば住宅ローンを組める可能性があります。」

 

任意整理によって減額された借金を完済した場合、完済直後にローンを組める人は皆無といっても過言ではないでしょう。

 

ただ、仕事が軌道に乗ってきて、収入も安定してローンを組んでもしっかり生活ができるようになっていたとしても、任意整理後5年間は基本的にローンを組むことはできないのです。

 

先の個人信用情報機関に事故情報が掲載されるとありましたが、任意整理の場合掲載されてから5年間は情報が消えません。

 

つまりブラックリストに載っている状態が5年間続くのです。その間は住宅ローンはもちろんの事、自動車ローンやクレジットカードも作れません。

 

任意整理前に組んでいた住宅ローンは?

 

任意整理の途中でも直後でも住宅ローンを組むことはほとんど不可能だという事がわかりましたが、では任意整理をする前に組んでいた住宅ローンはどうなるのでしょうか?

 

答えは、「住宅ローンをそのまま継続する事が可能です。」

 

債務整理の中で任意整理と特定調停は整理する債権者を選ぶことができるのです。つまり、「消費者金融からかりた借金は整理したいが住宅ローンは整理したくない」という事が可能なのです。

 

今まで毎月の借金返済で生活が苦しかった場合、消費者金融などの金融機関で借りているお金の利子などが高い場合が多いと想定されます。それに比べると住宅ローンの利子は全く高くありません。

 

仮に毎月の借金返済額が15万円(内訳:住宅ローン8万円・消費者金融7万円)であった場合、消費者金融の借金を任意整理します。任意整理後の消費者金融に支払う借金は毎月3万円に減額されました。

 

そうすると住宅ローンの8万円と合計しても月々11万円の支払いに減りました。毎月4万円も支払額が減ったのです。

 

このようにして住宅ローン以外の借金を任意整理することによって、日々の生活が安定し、さらに自宅を手放さずに済むことができます。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。