クレジットカードの過払い金請求

MENU

クレジットカードの過払い金請求はできるか?

 

クレジットカードでも過払い金請求ができるのかどうか?意外と知られていない事ですが、クレジットカードでも過払い金が発生している場合があります。では、どのような場合にクレジットカードで過払い金が発生するのかを見ていくことにしましょう。

 

クレジットカードのキャッシングとショッピング

 

クレジットカードを使用する場合、キャッシングとショッピングという2種類があります。このキャッシングの場合、利息制限法を超える利息でキャッシングを利用している場合に、過払い金が発生していることがあります。

 

クレジットカードでキャッシングをするという事は、いわゆる借金をするという事です。長期間借りれと返済を繰り返している場合、消費者金融業者を利用しているのと同じように過払い金が発生している場合があります。

 

キャッシングに対してクレジットカードのショッピング利用とは、金銭を建て替えるという事になります。

 

お店でクレジットカードを使う場合、利用者が本来お店に支払うべき代金をクレジットカード会社が立て替えて支払い、後日クレジットカード会社から利用者にその金額を請求するという事です。

 

立て替えということは、利息制限法を超える利率という取引がそもそも発生しないので、ショッピングの場合は過払い金請求をすることはできません。

 

過払い金請求とショッピングの利用残高

 

クレジットカードのキャッシングでは過払い金請求ができることはわかりました。もし、このクレジットカードでショッピング利用の残高が残っている場合、キャッシングの過払い金とショッピング利用の残高を相殺することができます。

 

相殺して残った過払い金をクレジットカード会社に請求するという流れが一般的です。

 

良く勘違いされるのが、キャッシングで過払い金が発生することがわかったけど、ショッピング利用の残高を払いきるまで過払い金を請求できないと思われていることです。

 

過払い金請求はショッピング利用の残高があっても請求できます。逆に過払い金でショッピングの残高を支払ってもまだ残高が残っている場合は、その残りをクレジットカード会社に支払えばいいのです。

 

過払い金請求とカードの継続使用

 

クレジットカードの過払い金請求をした場合、そのクレジットカード会社のクレジットカードを継続的に使えるかどうかは、クレジットカード会社によって異なりますが、基本的には継続利用は難しいでしょう。

 

現在使っているクレジットカードが使えなくなると携帯電話やETC、光熱費などの支払いに支障をきたす場合もあるでしょう。仕事上での決済にも影響が出る場合もあります。

 

ですので、クレジットカードの過払い金請求をする際には、事前に弁護士や司法書士などの専門家に相談することをお勧めします。