キャッシングとカードローン

MENU

キャッシングとカードローンの違い

 

キャッシングもカードローンもお金を借りることには変わりありません。借りたお金には利息がつくため、借りたときよりも多くのお金を支払います。それでは、これからキャッシングとカードローンの違いを見ていきます。

 

ご自身の環境や状況によってどちらの方法でお金をかりるべきか、参考にしていただければ幸いです。

 

キャッシングとは

 

キャッシングとは、キャッシングカードやクレジットカードを使ってATMや消費者金融の窓口、キャッシングディスペンサーなどからお金を引き出すことのできるサービスを言います。

 

キャッシングで引き出せる金額は契約内容によって異なります。また、契約をするにあたって審査があり、審査を通過しないとキャッシングを利用することはできません。

 

審査を通過したならば、その契約内容に基づいた金額までを借りることができます。キャッシングをするときに、例えばATMを利用します。

 

ATMでお金を引き出す行為は、自分の銀行口座からお金を引き出すことと同じなので、一見お金を借りているという事を忘れてしまいがちですが、キャッシングはれっきとした借金ですので、しっかりと利息を含めた金額を返済するひつようがあります。

 

キャッシングで借りたお金の返済方法は、基本的に「翌月一括払い」が一般的です。

 

翌月の返済日までに借入金に利息を入れた金額を金融業者に返済します。現在手元にお金がなくても、月末に給料が入ってくることがわかっている場合、翌月の返済日までに必要な金額を揃えることができると思います。

 

キャッシングは一括返済なので一度に返済する金額が大きくなりますが、借金を完済する期間が1か月で済むというメリットがあります。

 

返済計画も立てやすく、利息の計算も簡単ですので、急にお金が必要になった場合などには便利な方法です。

 

カードローンとは

 

カードローンの利用方法は、キャッシングとほとんど一緒です。クレジットカード、キャッシングカード、ローンカードを使って、消費者金融の窓口、ATMやキャッシングディスペンサーからお金を引き出すことができます。

 

契約で定められた金額内であれば、自由に何度でも現金を引き出すことができます。カードローンもキャッシングと同じように、お金を借りる前に審査があります。

 

審査を通過してはじめてお金を借りることができるようになります。ここまではキャッシングもカードローンもほとんど変わりがありません。

 

カードローンがキャッシングと違う一番大きな違いが「返済方法」です。キャッシングは上述の通り基本的に「一括払い」ですが、カードローンは「分割払い」が一般的なのです。

 

カードローンの分割払いは、毎月少額ずつ支払う返済計画を立てなければなりません。一度の返済額が少額になるため、月々の負担額は少なく無理なく返済が続けられるというメリットがあります。

 

借入額が大きい場合、一括での返済が難しい場合があると思いますので、そのような場合は分割払いで無理なく返済していくことが大切です。

 

しかし、カードローンは借入金を分割して、毎月少額ずつ返していくことになるため、完済するまでの期間が長期間になってしまいます。

 

長期返済の場合、利息がその都度加算されるため、一括払い時よりも多額の利息を支払わなければなりません。そのため完済時までに支払う利息はかなりの額になってしまいます。これが分割払いのデメリットです。

 

キャッシングとカードローンどっちがお得?

 

上記のように、キャッシングもカードローンもそれぞれのメリット・デメリットがあるので、一概にどちらがお得かとは言えません。あなたの環境や目的にあった方法を選択することが大切です。

 

一括払いが出来るような金額や、一括払いにして利息を抑えたいという人にはキャッシングがお勧めです。

 

一括払いが難しいような多額を借入れる人には、分割払いのカードローンがお勧めです。