借金返済の節約術

MENU

借金返済のために行う節約術

 

借金返済で生活が苦しい場合、その生活を少しでも楽にする方法は2つあります。1つは収入を上げる、もう1つは支出を減らす事です。

 

普通に考えると収入を増やすよりも、支出を減らすことのほうが簡単なので、ここではどのようにして支出を減らしていけるかを見ていくことにしましょう。

 

家計簿をつける

 

まず何よりも家計簿をつけて、自分の生活費がどの程度かかっているのかを把握することから始めましょう。支出額がわからなければ対処方法が見つかりません。

 

当たり前の事ですが、収入より支出が少なくならないと、借金返済はできませんし、借金返済後には貯金ができません。そういう意味でもまずは己を知りましょう。

 

家計簿というと面倒くさそうなイメージがあると思いますが、簡単なもので充分です。いつ何にいくら使ったかがわかればいいのです。毎月やっていくことで、「食費がかなりかかっている」「交際費が高すぎる」「通品費が高い」など、自分のどこに節約できる余地があるかを見極めることができます。

 

住宅費を抑える

 

もしあなたが賃貸住宅に住んでいる場合は、家賃の安い家に引っ越すことを視野に入れましょう。引っ越しをするには結構お金がかかりますが、長い目で見ることが大切です。

 

例えば、あなたの借金(利息込み)があと300万円あったとします。そして月々の返済額が5万円で4年間で完済するものとします。そしてあなたの収入は手取りで月18万円だとしましょう。そして現在の家賃が7万円です。

 

そうすると18万円から7万円の家賃と5万円の返済を差し引くと、生活費は6万円になります。収入が上がらないと仮定すると、月6万円での生活を4年間続けることになります。

 

そこで、仮に月5万円のアパートに引っ越した場合、引っ越しにかかる費用を10万円(敷金1か月、礼金0か月、当月の家賃1か月分)プラス3万円(引っ越し業者など)とします。

 

そうすると引っ越しをした月は厳しいですが、それ以降は毎月手取りの18万円から家賃5万円、借金5万円が差し引かれ、生活費が8万円残ります。

 

4年間で比べてみると、以下のような結果になります。

 

家賃7万円のアパートに4年間暮らす場合:336万円
家賃5万円のアパートに4年間暮らす場合:240万円+13万円(引っ越し費用)=253万円

 

4年間で83万円も節約できる結果が出ました。

 

このように、目先の引っ越し費用のせいで動けない場合、きちんと計算してみることをお勧めします。節約できる分を借金返済に充てることによって、さらに早く借金を完済することが可能になります。

 

 借金問題や債務整理に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

 

通信費を抑える

 

通信費も比較的節約しやすい項目です。携帯電話、家の固定電話、インターネットの回線などを見直すだけで月1万円くらいは節約できるものです。

 

例えば、家にインターネット回線を引いている場合、月々5,000円以上します。更にスマートフォンの通信回線費も平均して月5,000円くらいのプランに入っていると思います。

 

そのプランを最安のものに変更して、家のインターネット回線を止めるのです。その上で、モバイルルーターを使います。それだけでいつでもどこでもインターネットを使えながら、月5,000円〜7,000円くらいの通信費節約になります。あとは家の固定電話が本当に必要なのかも検討する価値はあります。

 

年会費がかかる会員をやめる

 

クレジットカードを持っている方、見直してください。ほとんどのクレジットカードは年会費初年度無料となっています。つまり2年目以降は年会費がかかるのです。

 

あとはスポーツジムの会員になったまま、ずいぶん長い間ジムに行ってないことはないですか?これも毎月無駄な出費をしていることになります。いつか行こうと思っていると思いますが、その「いつか」は永遠に訪れないのです。さっさと解約してしまいましょう。

 

生命保険・自動車保険の見直し

 

最近は、保険料の安い通販型の保険が色々と出ているので、似たような補償内容の保険でも他に乗り換えることによって何割も保険料が安くなる事もあります。今一度あなたの保険を見直してみましょう。

 

外食の回数を減らす

 

外食費はばかになりません。外食費が1回2,000円、週2回の場合、1か月で18,000円になります。もしこれにお酒の席が入ってくると金額は倍以上になります。とにかく借金を返済し終わるまでは、できるだけ自炊をするようにしましょう。お金を節約できるだけでなく、健康も手に入ります。

 

タバコ・酒を止める

 

これは言うまでもありません。何が何でも辞めるのです。タバコ代は本当に馬鹿になりません。1日410円のタバコを1箱吸うだけで、年間149,650円にもなります。

 

お酒の場合も1日缶ビール2本を毎日飲むとすると1日に440円、1年で160,600円です。これ以上の無駄はないので、借金を完済するまでは頑張って辞めましょう。

 

ギャンブルを止める

 

ギャンブルで借金を作ってしまった人は特にそうですが、ギャンブルをやめない限り借金は完済できません。ギャンブルは長い目で見ると必ず胴元が勝つようになっているからです。わざわざ負けるために貴重なお金を時間を費やすのは言語道断です。