債務整理をする理由

MENU

なぜ債務整理をするのか?

 

債務整理をする理由、それは人によって様々なものがあるでしょう。しかしそんな方々に共通していることは、

 

借金を減らしたい!

 

これに尽きるのではないでしょうか?

 

借金を減らす2つの方法

 

金利の引き直し計算

 

金利の引き直し計算とは、本来お金を貸すときに設定される利息の上限より高い利率で貸し付けをしていた場合、本来払わなくてもよい金利を払っている(払っていた)事になります。その金利を正しい金利で計算し直す方法を言います。

 

2010年に法律が制定されるまで、グレーゾーン金利と呼ばれる金利で貸し出しをする消費者金融がほとんどでした。本来の利息制限法によると年利15%〜20%しか利子を取ることができません。

 

しかし出資法では年利29.2%まで利子を取ることができます。ですので、当時は29.2%に近い金利で貸し付けされていました。

 

これは、「本来15〜20%より高い利息は取れないけど、お金を借りた人が任意に20%より高い利息を払ってくれていた」ので、債権者はそれを受け取っていたという事になります。

 

ただし、29.2%以上の金利で貸し出しをすると、犯罪になるため、お金を借りた人が任意で返済しても、債権者は逮捕されるのです。したがって、上記のようにほとんどの業者が29.2%に近い金利で貸し出しをしていたのです。

 

要するに、20%を超える利息を付けて払っていた借金返済額を、本来の利息制限法に基づく15〜20%の金利に引き直しして変死あするために債務整理をします。

 

今まで返済していた分も、これから返済する分も含めて法律的に認められている金利で再計算することによって借金の額を減らしたり、過払い金を請求したりするのです。

 

債権者との話し合い

 

利息制限法に基づく上限金利15〜20%以下で借りていた場合は、金利の引き直しができませんので、債権者との話し合いにより借金の総額を減らしたり、今後の利息を減らしたりします。

 

任意整理の場合は、債権者がこれに同意してくれなければいけませんが、債権者にとっても全くお金が戻ってこないよりは、少しでも戻ってきたほうがいいとの判断をして、減額に応じてくれる債権者も多くいます。

 

この借金の総額を強制的に減額、または免除する手続きが個人再生や自己破産という方法になります。

 

これら手続きは、地方裁判所に申立てをします。債権者が同意をするしないに関係なしに強制的に借金を減額、または免除することができます。その代わり債務者には様々な制約がつくことになります。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。