債務整理 車ローン

MENU

自動車ローンが残っている場合の債務整理

 

自動車ローンの支払いがまだ終わっていない時に、債務整理をすると車はどうなるのでしょうか?もし債務整理しても車を残したいという場合、「任意整理」「特定調停」のどちらかの方法で手続きをすることになります。

 

 債務整理と自動車ローンに関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

任意整理の場合

 

まず、基本的な事を話します。債務整理をする時に車を持っていても、もしその車のローンが完済している場合、もしくはその車を現金で購入した場合、車をそのまま維持することができます。

 

そして、自動車ローンの途中で債務整理する場合、今後も今まで通り自動車ローンの返済が問題なくできる場合であれば、任意整理の手続き対象から自動車ローンを外すことによって、車を手元に残すことができます。

 

しかし、自動車ローンの支払いも難しい場合、自動車ローンも任意整理の対象になってしまいますので、その場合は車を手放さなければなりません。

 

特定調停の場合

 

特定調停は、任意整理と同様に「特定の債権者を指定して手続きを申請することができる」ので、自動車ローンを手続き対象から外しておけば、ローンが完済している場合に限り車を手元に残しておくことができます。

 

ちなみに自己破産や個人再生の手続きをする場合、任意整理や特定調停とは違って、ある一定の債権者を指定して外したりすることができないので、ローンを支払っている車に関しては、そのローン会社も債務整理の手続きに入ってしまうので、車は手放さなければなりません。

 

債務整理後の自動車ローン

 

債務整理後に自動車ローンを組むことができるのかどうか?債務整理をすると信用情報(ブラックリスト)に事故情報が登録されてしまうので、新たに自動車ローンを組むのは難しくなります。

 

例えば任意整理をした場合、ブラックリストに登録されている期間は5〜7年と言われてるので、この期間が過ぎれば自動車ローンの審査に通りやすくなります。

 

しかし、絶対に審査に通るとは断言できません。なぜならば、債権者によっては、事故情報を長期間保有しているところもあるからです。

 

では、自動車ローンを組むことはできないのか?というとそんなことはありません。例えば、通常自動車ローンを組む時は、銀行の自動車ローンやディーラーローンを組みますが、車の販売店が独自に用意をしている自社ローンもあるので、その場合はローンを組める可能性が高いです。

 

もしくは、配偶者や親族にローンの名義を組んでもらう事です。ただし、その場合、債務整理をした本人が契約の保証人にならないことが大前提です。保証人として契約した場合、審査の対象となるため、ローン審査が通りにくくなってしまいます。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。