債務整理の時間

MENU

債務整理にかかる時間

 

債務整理の手続きには任意整理、個人再生、自己破産などがあります。それぞれの手続ではかかる時間も変わってきます。それぞれどのくらいの時間が必要になるのかを見ていくことにしましょう。

 

任意整理にかかる時間

 

任意整理とは、裁判所の介入なしで、債権者に対して借金の減額を交渉する手続きを言います。過払い金返還請求をした後でも債務が残る場合、任意整理をする場合が多いです。

 

任意整理にかかる時間ですが、これは各債権者の対応の仕方によって変わってきますが、通常であれば6〜12か月ほどかかります。

 

しかし、場合によっては1年以上かかってしまう場合もあります。どういう場合に手続きが長引くかと言うと、任意整理の手続きをするのに債権者から過去の取引履歴を送ってもらう必要があります。

 

債権者によってはこの取引履歴を提出するまでにかなりの時間を要することもあるのです。

 

もし任意整理を個人で行う場合、上記の取引履歴を入手できるまでかなりの時間を要してしまう場合が多いのですが、弁護士や司法書士に依頼をした場合、業者の対応は早くなります。そういった意味でも任意整理をする場合、専門家に依頼することをお勧めします。

 

個人再生にかかる時間

 

個人再生は、借金の総額を5分の1くらいまで圧縮して、残りの借金を3年間かけて返済していく債務整理の1つの方法です。個人再生が適用できる人は、給与所得などの定期的な安定収入がある個人になります。

 

個人再生に要する期間は短くても6〜7か月、場合によっては1年以上の長丁場になる場合もあります。

 

個人再生も任意整理同様、個人で行うと手続きにかかる時間が長くなる傾向にあるので、やはり弁護士や司法書士などの専門家に依頼するほうがいいでしょう。

 

自己破産にかかる時間

 

自己破産は、裁判所が債務者の収入や借金の額を考慮した上で「この債務者は支払いを続けることが不可能な状態」と判断した場合、借金の返済が免除される手続きの事です。

 

その自己破産の手続きにかかる期間は、もちろん債務状況によって変わってきますが、平均的には3〜6か月、場合によっては1年以上かかってしまう事もあります。

 

 

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。