保証人と連帯保証人

MENU

保証人と連帯保証人の違いとは

 

保証人と連帯保証人、それぞれよく聞く言葉です。では保証人と連帯保証人の違いはなんですか?と聞かれたときにはっきりとした回答をすることができるでしょうか?

 

「連帯」の2文字がこの違いのカギを握っているのは間違いありません。それでは、保証人と連帯保証人、両者の違いをご説明していきましょう。

 

保証人とは

 

保証人とは、保証した借主が自己破産に陥った時、あるいは姿を暗まして行方不明になった場合など連絡がつかなくなった場合、借主自身が返済を続けることが不可能と判断された場合のみ、その借主に代わり一切の支払い責任の義務を負うものです。

 

逆に言うと、借主がまだ支払い能力があると判断された場合は、保証人ではなく、まずは借主への取り立てが実施されます。この状況で仮に債権者から取り立てられても「借主をあたってください」と支払拒否をすることができるのです。

 

連帯保証人とは

 

連帯保証人とは、保証人とは違い「貸主と同じ扱いを受ける」という事です。要するに、借主が返済しなかったり行方不明になった場合、連帯保証人のもとに債権者から返済要求が来ます。

 

この場合、貸主に返済能力があるかどうかは判断基準にはなりません。債権者としては、回収しやすい方から回収することができるのです。

 

これは財産差し押さえの場合にも言えますが、貸主と連帯保証人は完全に同じ立場にあるので、債権者から請求が来てしまったら連帯保証人は支払う義務があります。

 

債務整理をする前に保証人に伝える

 

もしあなたが債務整理を考えている場合、必ず事前に保証人、または連帯保証人にその旨をお伝えしなければなりません。仮に債務者であるあなたが自己破産の免責認定がされた場合、あなたは借金の支払い義務から解放されます。

 

しかし、その場合あなたの保証人や連帯保証人になっている人の支払い義務はなくなっていません。そのため、債権者はあなたの代わりに保証人や連帯保証人に取り立てを行うことになります。

 

そのような事態を避けるためにも、債務整理を進める前に必ず保証人や連帯保証人に連絡をして、十分に話し合いをすることです。

 

そうしないと後でとんでもない迷惑をかける事になり兼ねません。場合によってはあなたと保証人や連帯保証人が同時に債務整理をしたりすることも1つの考えです。

 

事実、自己破産の申立を依頼する10人に1人は、債務者ではなく、その債務者の保証人や連帯保証人を引き受けた方々なのです。そんな不条理なことにならないためにも事前に話し合う場を持ちましょう。

 

どうしても難しいようでしたら、弁護士か認定司法書士に相談してみるのも手です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加