個人再生の費用分割

MENU

個人再生豆知識:費用の支払いは分割可能?

 

生活費や子供の養育費で急な出費が必要になった、また冠婚葬祭が続いて生活費が苦しくなったなど、借金を抱えてしまった人にはさまざまな理由がありますが、後先のことを考えずに融資を受けてしまうと巨額の借金を抱えてしまうことになります。

 

そのため毎月の返済が難しくなったり、毎日払えるかどうかもわからない借金の返済を向き合っていると精神的にも衰弱してくるでしょう。

 

現代の日本には、このように借金の返済に苦しんでいる消費者を助けるための債務整理という法律で守られた制度があるのです。債務整理と聞けば自己破産や過払い金請求が広く知られていますが、2001年に新しくスタートした個人再生という制度があります。

 

個人再生は自己破産のようにマイホームや車などの財産を手放す必要もなく、借金の総額を大幅にカットして将来利息をなくした上で3年間で負担なく返済していくことが可能になる制度です。

 

さらに自己破産のような免責不許可事由はないので、借金の原因がパチンコや競馬などのギャンブルや、ブランドものなどの浪費であったとしても手続きを進めることが可能です。

 

個人再生の手続きは長期間を要するほか、手続きがとても複雑であるためスムーズに進めるためには法律の専門家である弁護士や司法書士に任せることをおすすめします。

 

弁護士や司法書士が委任した時点で、賃金業者に受任通知が届くため、それが届いた時点で返済の催促や取り立てなどの行為をすぐに止めることができるので、精神的なダメージも随分軽減するはずです。

 

返済するお金もないのに弁護士や司法書士になんて依頼できないと考えてしまいがちですが、最近では無料相談に応じてくれる事務所がほとんどです。

 

また費用の分割も可能であったり、ひとりひとりの状況に応じて柔軟に対応してくれるので心配なら事前に費用の相談もしておくと良いでしょう。借金問題は一人で悩んでいても何も解決はしないので、専門家に相談することをおすすめします。