ノーローン(シンキ)から過払い請求

MENU

ノーローン(シンキ)の過払い金請求に関する無料相談

 

ノーローンで過払い金が発生している事がわかった方、過払い金が発生している可能性がある方、ノーローンと取引が終わってから10年以内の方、今すぐ専門家に無料相談をしてください。

 

現在過払い金が発生していても、個人で全額回収するのは非常に難しいのが現状です。そんな時、ノーローンとの交渉実績のある弁護士や司法書士に相談することが非常に大切です。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:

050-5577-7420

 

彼らはノーローンがどの程度まで交渉可能か、その微妙なさじ加減を熟知しています。このように、ノーローンとの交渉経験豊富な弁護士や司法書士を探す場合、是非「日本法規情報」を利用してみてください。日本最大の弁護士登録者数を誇る日本法規情報だから、あなたに最適な弁護士や専門家が見つかります。

 

ノーローンの概要

 

ノーローンは完済を中心に事業展開をしていましたが、現在本店を東京へ移し、東日本を中心に全国展開で事業を営んでいます。2009年に新生銀行グループの傘下になり、2010年には新生フィナンシャル株式会社の完全子会社になりました。新生銀行がバックについているので、経営自体は今後も安定していますが、母体である新生銀がに若干の不安材料があります。

 

ノーローンの金利推移

 

過去のノーローンの金利は29.2%という、いわばグレーゾーン金利の中でも最大限の金利でした。ですので、長期間ノーローンと取引をしていた方は過払い金が発生する可能性が非常に高いです。

 

ただし、ノーローンは2007年前後に法改正後の年率金利を下げる対応をしました。ですので2007年以前にノーローンと取引がある方は、ほぼ間違いなく過払い金が発生すると思われます。なお現在のノーローンの金利は、4.9%〜18.0%となっています。

 

1996年からシンキ株式会社は、ノーローンといって1週間以内に全額返済をすれば利息が一切かからない「無利息キャッシング」を業界で初めて実施したことでも有名です。以前が月に何度でも1週間無利息で借りれたのですが、現在では月に1回までの利用のみに適用となっています。

 

過払い金請求に対するノーローンの対応

 

ノーローンに対する任意交渉での満額回収はかなり困難です。個人で交渉をする場合は相当低い和解金になる可能性が高いです。弁護士や司法書士に依頼して任意交渉すると回収率は70〜80%になる可能性があります。

 

ノーローン過払い金請求の注意点

  1. 過払い金返還請求や任意整理をすると、今後アシンキのカードを利用することができなくなります。
  2. 過払い金の引き直し計算をするときに、シンキとの取引途中に空白期間がある場合などのシンキとの間に意見の食い違いがあった場合、請求できる過払い金額が変わることがあります。