ビューカードから過払い請求

MENU

ビューカードの過払い金請求に関する無料相談

 

ビューカードで過払い金が発生している事がわかった方、過払い金が発生している可能性がある方、ビューカードと取引が終わってから10年以内の方、今すぐ専門家に無料相談をしてください。

 

現在過払い金が発生していても、個人で全額回収するのは非常に難しいのが現状です。そんな時、ビューカードとの交渉実績のある弁護士や司法書士に相談することが非常に大切です。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:

050-5577-7420

 

彼らはビューカードがどの程度まで交渉可能か、その微妙なさじ加減を熟知しています。このように、ビューカードとの交渉経験豊富な弁護士や司法書士を探す場合、是非「日本法規情報」を利用してみてください。日本最大の弁護士登録者数を誇る日本法規情報だから、あなたに最適な弁護士や専門家が見つかります。

 

ビューカードの概要

 

ビューカードは、1992年にJR東日本にカード事業部で発足されました。その後2009年に収益向上のためにカード事業部が、株式会社ビューカードとしてJR東日本の子会社として設立されました。しかしその一方で、キャッシング事業については2009年4月を持って利用が停止されることになりました。

 

現在では、ビューカードのユーザーのほとんどがクレジットカードとして利用しています。また、プリペイド型電子マネーであるSuicaとの提携サービスも行っています。

 

ビューカードの金利推移

 

過去のCFJの金利は28.0%というグレーゾーン金利で貸し付けをしていました。ですので、長期間ビューカードと取引をしていた方は過払い金が発生する可能性が非常に高いです。ビューカードはグレーゾーン金利の法改正後すぐに金利を下げる対応をしました。なお現在のオリコの金利は、18.0%となっています。

 

過払い金請求に対するビューカードの対応

 

ビューカードは過払い金請求に対して、そのほとんどが満額での返済がなされている数少ない業者です。もともとビューカードのキャッシング限度額がそんなに高く設定されていないので、あまり高額な過払い金が請求されることがないのがその理由の1つに挙げられます。

 

2014年においても満額での返済方針は変わっていないようなので、弁護士や司法書士などの専門家に依頼せずに自身で交渉をする場合でも比較的高い確率で満額回収できる可能性が強いです。

 

ビューカードの種類

 

■ビュースイカカード
ビュースイカカードはビューカードの機能とSuica定期券の機能が一つになったJR・首都圏の私鉄・地下鉄・バスに乗れて買い物もできる、年会費500円のカードの事です。

 

■ビュースイカリボカード

 

ビュースイカリボカードは、ビュースイカカードと同様の機能でリボルビング払い専用カードです。年会費無料で作ることができます。

 

■ルミネカード
ルミネカードは、ルミネでのショッピングがいつでも5%OFFになり、さらに年数回のキャンペーン期間中では10%OFFになるのでルミネで良くショッピングをされる方は持っている人が多いと思われます。

 

■大人の休日倶楽部ジパングカード
JR東日本の切符が30%OFFで購入できる大人の休日倶楽部ジパングカードや、JR東日本の切符が5%OFFで購入できる大人の休日倶楽部ミドルカードなど入会に年齢制限のあるカードも発行しています。

 

■その他
JALのマイルがたまるJALカードSuicaやビックカメラのポイントがたまるビックカメラSuicaカードなどがあります。