ゼロファーストから過払い請求

MENU

ゼロファーストの過払い金請求に関する無料相談

 

セロファーストで過払い金が発生している事がわかった方、過払い金が発生している可能性がある方、セロファーストと取引が終わってから10年以内の方、今すぐ専門家に無料相談をしてください。

 

現在過払い金が発生していても、個人で全額回収するのは非常に難しいのが現状です。そんな時、セロファーストとの交渉実績のある弁護士や司法書士に相談することが非常に大切です。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:

050-5577-7420

 

彼らはセロファーストがどの程度まで交渉可能か、その微妙なさじ加減を熟知しています。このように、セロファーストとの交渉経験豊富な弁護士や司法書士を探す場合、是非「日本法規情報」を利用してみてください。日本最大の弁護士登録者数を誇る日本法規情報だから、あなたに最適な弁護士や専門家が見つかります。

 

ゼロファーストの概要

 

ゼロファーストはエポスカードの子会社で、流通大手のマルイグループのカード会社です。現在ゼロファーストの事業は大幅に縮小されており、店舗もどんどんと閉鎖されています。近い将来廃業、もしくはエポスとの統合などがあり得るといわれています。

 

ゼロファーストはエポス同様、過払い金返還請求に関して柔軟に対応してくれますが、エポスとゼロファーストの窓口は別々なので、もしエポスもゼロファーストにも過払い金を請求する場合、それぞれに請求する必要があります。

 

また、ゼロファーストは古い取引の書類は破棄したと言って開示してくれないことがりますが、和解までの時期はスムーズにいけば2か月以内で解決できるので、比較的早い対応をしてくれます。

 

ゼロファーストの金利推移

 

過去のゼロファーストの金利は27%というグレーゾーン金利で貸し付けをしていました。ですので、長期間ゼロファーストと取引をしていた方は過払い金が発生する可能性が非常に高いです。ただし、ゼロファーストは2007年前後に法改正後の年率金利を下げる対応をしました。ですので2007年以前にゼロファーストと取引がある方は、ほぼ間違いなく過払い金が発生すると思われます。なお現在のオリコの金利は、15.0〜18.0%となっています。

 

過払い金請求に対するゼロファーストの対応

 

ゼロファーストに対する任意交渉での満額回収は交渉力次第で満額も可能です。弁護士や司法書士などの専門家に依頼して任意交渉すると回収率は100%になる可能性もあります。

 

回収期間も2か月以内とスムーズに行えるので、過払い金が発生していそうな場合はなるべく早く過払い金返還請求をされたほうが良いでしょう。

 

ポケットカード過払い金請求の注意点

  1. 過払い金返還請求や任意整理をすると、今後ゼロファーストカードを利用することができなくなります。
  2. 同じマルイグループである、エポスカードとは別会社のため、ゼロファーストで過払い金返還請求の手続きしても、エポスカードへの影響はありません。