借金取り立て電話をして良い時間帯

MENU

知っておきたい借金取り立て禁止事項:電話の時間

 

家族の病気や失業、進学など、思いがけない事情により、人生には多額のお金を必要とする時期があります。しかし、人はこのような事態に直面した時に、すぐにお金を用立ていることはとても難しいものです。

 

最近では特に、不況が長引いているために、給料が年々下がってしまい、生活するのがやっとだという家庭も少なくないでしょう。このような人たちは、毎月赤字を出さずにやり繰りするだけで精一杯ですから、とてもそれ以外のことにお金を使える余裕はありません。

 

しかし、病気や事故などの不測の事態は、お金のあるなしにかかわらず、ある日突然やってくるものです。そのような時に、お金がないという言い訳は成り立ちません。例えば、盲腸で急に入院して手術が必要な場合に、お金がないからといって治療を受けない人がいるでしょうか。

 

このような場合には、借金をしてでも身体を治すことを優先するものです。身体さえ健康に戻れば、また元気に働くことができるので、借金はいつかは返すことができます。ですから、必要に応じて、借金をすることは、生活を立て直すためにはとても大切なことなのです。

 

しかし、借金には厳しい取り立てがつきものです。金融業者にしてみれば、慈善活動でお金を貸し出しているわけではないので、必要な取り立てを行うのは当然のことです。しかし、中には悪質な業者もいるため、執拗に何度も電話をかけて督促してくる場合があります。

 

また、夜遅くや早朝など、まだ眠っている時間帯等に電話をかけてくる業者もいるほどです。このような悪質な取り立ては、もはや仕事ではなく単なる嫌がらせとさえ言えます。このような事態に陥っては、もはや正常な日常生活をおくることさえ困難になってしまいます。

 

そこで、一刻も早く通常の生活に戻るために、悪質な取り立てを受けた場合には、一刻も早く弁護士に相談して対策を立てましょう。法律により夜間や早朝の電話は禁止されているので、悪質な業者には法的に対処することが必要です。