借金が返済できない時は弁護士に相談

MENU

借金を返済できないときは相談しよう!

 

生活費や子供の養育費で急な出費がかさんだり、趣味や旅行でまとまったお金が必要になったときなど強い味方になってくれるのが賃金業者ですが、後先のことを考えずに融資を受けてしまうと多額の借金を背負ってしまうことになります。

 

返済したけど生活費がギリギリで返済に充てるお金がない、今月は返済できたけど来月は返済できるかわからないという悩みを抱えて生活をしていると次第に精神的にもどんどん参ってくるはずです。

 

どうしても借金を返済できないときは、一人で悩まずに法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することで解決の糸口が見えてくるでしょう。このように借金返済に苦しんでいる消費者を守るための債務整理という制度が設けられています。

 

債務整理というとあまり良いイメージがなくて踏みとどまってしまう人もいますが、これは確立された方法であり、決して違法行為ではありません。

 

債務整理というと自己破産や過払い金請求などが広く知られていますが、裁判所を通さずに手続きを取ることができる任意整理や、マイホームや車などの財産を手放すことなく借金を減額することができる個人再生などもあるので、必ずしも自己破産をしなければならないということはないのです。

 

ひとりひとりの収入や借金の状況によって適した債務整理は異なってくるので、借金をどうしても返済できないときは法律のスペシャリストにアドバイスを仰ぐことでより良い方向へ導いてくれます。

 

また専門家が委任した時点で、賃金業者に対して受任通知というものが送られるため、それ以降は取り立てや催促行為がストップするので精神的にも負担が大きく軽減でき、しばらくの間は手続きに集中することができます。

 

ひと昔前は法律の専門家というと敷居が高くて高い料金を支払う必要があるといったイメージも強かったのですが、最近では殆どの事務所が無料相談に応じているので気軽に相談することができます。金銭問題はこじれると取り返しがつかない場合もあるので早期解決が肝心です。

 

そんな中、どのように自分に最適な弁護士を選ぶかが重要になってきます。ネット上で検索すると、多数の弁護士事務所が出てきます。その中から自分にあった弁護士事務所を探すのを想像するだけで、始めの一歩を踏むことに躊躇してしまいそうです。そんな時は、日本法規情報へ連絡することをお勧めします。

 

日本法規情報には3000人を超える専門家が登録をしているので、あなたに適した弁護士などの専門家を見るけることができるでしょう。相談も完全に無料なので、まずは相談してみましょう。電話は24時間対応しています。

 

日本法規情報無料相談窓口:
050-5577-7420