過払い金返還の可能性は?

MENU

過払い金請求とは

 

過払い金請求とは、「債権者に対して払いすぎている利息を返してもらうこと」です。2010年6月18日に施行された貸金業法及び出資法改正以前は、利息制限法に定める上限金利以上出資法に定める上限金利未満での利で貸している貸金業者が多く、その時に払いすぎている利息を返してもらうことができます。

 

2010年6月18日以前には、グレーゾーン金利と呼ばれる出資法に定める上限金利29.2%以下で貸している貸金業者がほとんどでした。これには大手消費者金融も含まれます。

 

これは利息制限法には刑罰がなく、出資法には刑罰が存在したため起きたもので、2010年の貸金業法改正時にこの矛盾が無くなりました。従って、2010年6月以前に消費者金融などを利用していた方は、過払いの対象になる可能性が高いのです。

 

利息制限法の金利は以下の通りです。

 

元金10万円未満の場合: 年利の上限20%
元金10万以上100万円未満の場合: 年利の上限18%
元金100万円以上の場合: 年利の上限15%

 

もしあなたが上記よりも高い金利で借金していたことがあれば、既に完済している借金でも、もちろん返済中の借金でも過去にさかのぼって過払い分の利息を取り戻すことができるのです。

 

過払い金返還の時効?

 

取引が終了してから10年で過払い金は時効が成立します。つまり、今現在もその借入で消費者金融や銀行と取引が継続していれば、もちろん過払い金請求権はありますし、その取引が終了していても、その終了した日から10年間が経過していなければ過払い金返還をすることができます。

 

 過払い金に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

 

時効の中断

 

時効の中断をすると、それまで信仰してきた時効期間はリセットされます。例えば取引終了後既に9年経っている場合、過払い金返還請求が時効によって消滅してしまいます。

 

しかし、その時に時効の中断の措置を行うと、それまで進行していた9年という時効期間はリセットされますので、そこから10年間の時効期間が新たにスタートするのです。

 

10年を過ぎた過払い金は戻ってこない?

 

不法行為として過払い金の返還を請求するのであれば、損害があった事実を知った日から3年以内といった具合に、改めて時効のルールが設けられることになります。この場j合は、すでに10年が経過していても大丈夫です。取引履歴の開示を受けた日から3年以内が有効になります。

 

過払い金返還のメリット・デメリット

 

過払い金返還のメリット
払いすぎた利息が戻ってくる。これにつきます。

 

過払い金返還のデメリット
過払い金返還にデメリットは見つかりません。以前は過払い金返還を請求すると、弁護士介入や契約見直しなどの項目で「信用情報」に登録されるというデメリットがありました。

 

この信用情報に登録されてしまうと、仮にブラックリストではないとしても、金融機関にとっては問題ありとみなされてしまうため、新しく融資を受けたり貸し付けを受けたりする事ができない場合もありました。

 

しかし、現在では「信用情報」に登録されなくなっていますので、過払い金返還請求をしても新たな融資等に支障をきたすことはありません。