過払い金訴訟の弁護士費用

MENU

過払い金請求訴訟における弁護士費用について

 

過払い金請求において最終的に金融会社と訴訟で争うことになるケースがあります。この時に自分ひとりでは対応することができないため、弁護士に依頼することが多いです。

 

弁護士に依頼するなら弁護士費用がどのくらいかかるのかをしっかりと聞いておきたいところです。まず、過払い金は金利計算をして過払いがあるかどうかを確認しなければなりません。

 

そして、過払いがあることがわかると手続きを開始するわけですが、訴訟になる前に和解で解決することもあります。過払い金請求のケースを大きく分けるなら和解で決着がつくケースと、裁判で決着がつくケースがあります。

 

弁護士に依頼するときに弁護士費用が高くなりやすいのは裁判のケースです。これは弁護士に依頼する期間が長くなるからです。

 

通常、過払い金を和解で決着する場合は2か月ほどで終わりますが、裁判になると半年ほどかかります。弁護士を探すときに法律事務所によって報酬の割合の設定は様々であり、裁判になると別途の費用が必要となっている法律事務所もあります。

 

弁護士に依頼するときはしっかりと弁護士費用を確認しておくことが大事です。

 

弁護士の費用を確認するときはどのくらいの期間でどのくらいの費用が必要なのかを聞いておきましょう。また、裁判になったら別で費用が発生するのかどうかも聞いておかなければなりません。

 

一番最初の時点で費用がわかっているため、後になって追加料金がないところを選びたいものです。さらに、すべての弁護士が善人という訳ではありません。悪徳な弁護士も少なからずいます。

 

これは二次被害として気を付けたい点なので、信頼できる弁護士を見つけることが何よりも重要なポイントだと言えます。

 

金融会社と和解するかどうか、これは金融会社の経営状況を考慮することも大事なので覚えておきましょう。倒産危機の会社や資金力が低い会社の場合は、長期戦になると最終的にお金を回収できないこともあるので和解をするほうがよいケースがあります。