借金取り立てで仕事にならない

MENU

知っておきたい借金取り立て禁止事項:仕事にならない場合

 

借金をして返済が遅れると取り立てされることになります。この借金の取り立てが原因で毎日の仕事に支障が出るなら、それは違法行為の可能性があるので専門家に相談をしましょう。

 

まず、基本的に債権者はルールに沿って取り立てをしなければなりません。例えば、返済が遅れていることから電話やFAXを送ることがありますが、これは時間が決まっています。

 

夜の9時から翌朝の8時までは連絡をすることが出来ないことになっています。闇金話などで、夜中なのに自宅まで押しかけられたり電話がずっと鳴りっぱなしという話がありますが、これはすべて違法です。

 

また、お金を借りている人に連絡をするなら何時頃にしてほしいと言われてそれを債権者が承諾しますと、今後においてはその時間に連絡をしなければなりません。

 

借金を回収するために自宅にやってこられた場合、その場ですぐにお引き取り下さいと伝えると債権者はすぐに帰らなければならないので、これも覚えておきたい知識です。

 

このように借金の取り立てというのは本当に色々と細かいルールがあります。お金をかりている側としてはやはり返済出来ないことから、どのような事をされても我慢をするしかないと思いがちですが、意外と逆でありお金を借りて返済出来なくても様々な取り立てを回避することが出来るというわけです。

 

家に来られたらお引き取り下さいと言えば良いですし、連絡をするなら時間指定をして、その時間に連絡が来てもあえて連絡に出ないという方法もあります。

 

しかし、覚えておきたいことは借金を作ってしまったら、しっかりと返済を進めるか、あるいは債務整理をしなければ問題は解決しないというわけです。

 

債務整理をするなら債権者からの連絡を止めることも出来るので、返済計画の立て直しも含めて一度弁護士に相談をしてみると良いです。過払い金が発生している場合などは借金が消えるだけではなく、お金が戻ってくることもあるので、好ましい方法の債務整理をしましょう。