個人訴訟で過払い金を返還しもらう

MENU

個人訴訟で過払い金を返還して貰う方法

 

消費者金融などに過払いの訴えを起こす事は、法律知識がない個人にとってはハードルが高いと感じる事が多いようで、司法書士や弁護士への相談を考える人が多かったのですが、司法書士報酬や弁護士報酬の支払いが高いこともあり、個人訴訟で過払い金請求を行おうという方も増えてきました。

 

個人訴訟で過払い金請求をする際のメリットはお金がかからないことですが、デメリットもいくつかあります。まず過払い金請求が終了するまで多くの作業があるため時間がかかります。

 

そしてその作業中に貸金業者からの書面が自宅に届くようになるため、ご家族と同居をしている場合は、借金をしている事実がご家族に知られてしまいます。

 

それと貸金業者はこういった訴訟に慣れているため、和解金を相場より安く提示してくるなどこちらに不利な条件を当たり前のように提示してきます。請求作業はまず、今までの取引履歴を貸金業者から入手する必要があります。

 

そして次に入手した履歴から引き直し計算という方法で過払い金の産出を行います。計算にはEXCELが使用できるパソコンが必要になります。

 

ここまでの作業が終了したら、貸金業者に対して過払い請求の書類を提出します。この書類には定型があるのでネットなどで探しましょう。請求書を受理した貸金業者から電話などで連絡があり、和解交渉が始まります。

 

どの金融業者も過払い金より安い金額の和解金を提示して何とか損をしないように交渉してきますが、過払い金の請求は法律で認められた正当な請求になりますので、相手の強気な態度に騙されず、満額を返済してもらえるよう落ち着いて対応しましょう。

 

和解交渉が決裂した場合は訴訟をする必要があるため、必要書類を揃えて裁判所へ提出しましょう。必要な書類は訴状・証拠説明書・取引履歴・引きなし計算書・登記簿謄本です。

 

請求の流れは個人でも専門家にお願いする場合でも変わりません。自分で行うかお金を出して他人にやってもらうかだけの違いです。