借金の時効と消滅時効

MENU

借金の時効(消滅時効)とは

 

時効と言うと、なんだか刑事ドラマや映画のイメージがあると思います。「この事件の時効が目前に迫っているから、何が何でも犯人を捜せ!」など、警察署内でのシーンが浮かびます。

 

そんな「時効」ですが、実は借金にも時効が存在するのです。借金の時効を「消滅時効」と呼びます。

 

消滅時効とは、債権者が一定期間、債権を行使せずに放っておいた場合、その債権を消滅させてしまうという事です。要するに、時効が成立した後に、仮に債権者が債務者に対して返済を請求したとしても、法律上借金を返済する義務はないのです。

 

どのくらいで借金は時効になる?

 

借金が時効になることはわかりましたが、では時効が成立するには、どれくらいの期間が必要なのでしょうか?借金問題で悩んでいる方のほとんどは、消費者金融からの借り入れが多いのではないかと思います。また、事業をしている方は銀行からの借り入れがあるかもしれません。

 

しかし、いずれのケースにおいてもお金を貸している債権者は「お金を貸すことを商いとしている」法人や団体です。このような消費者金融、サラ金、クレジットカード会社、銀行などの金融機関からお金を借りている場合の時効成立期間は5年になります。

 

また、仮に友人や知人、親などの個人から借りた場合には、時効成立まで10年かかります。

 

では、5年ないしは10年間借金を支払わなかったら借金が時効になるのかと言うと、そうではありません。借金を時効にするためには「時効の援用」をしなければなりません。

 

時効の援用とは?

 

時効の援用とは時効を主張し、時効の利益を受けるということを債権者に伝えることを言います。具体的に言いますと、配達証明付きの内容証明郵便で、債権者に対して時効援用通知書を送る方法があります。

 

このような方法で債権者に対して時効を主張しないと、時効は完全にいは成立しません。時効の援用をして初めて成立するのです。また、送付した時効援用通知書に対して債権者の承諾などは必要ありません。

 

 借金問題や債務整理に関する無料相談を検討したい方はコチラ

 

時効の中断とは?

 

借金の時効は、最後の返済又は借入のときから進行していきますが、進行した時効期間の計算が振り出しに戻ってしまうことを「時効の中断」と言います。

 

中断と言ってもその時間が途切れるのではありません。時効期間がいったん完全にリセットされるので、そこからまた時効期間が再スタートすることになります。時効中断になる理由は主に以下のものがあります。

  • 裁判上の請求
  • 差押え・仮差押え又は仮処分
  • 債務の承認

 

それでは、それぞれを詳しく見ていきましょう。

 

裁判上の請求

 

裁判上の請求とは、債権者が債務者に借金返済を求める請求をすることです。債務者は訴えられると、訴訟や支払督促などといった書類が裁判所から送られてきます。

 

従って、裁判以外での口頭でやり取り、電話、はがき、手紙、電報などでは時効中断はされません。かならず裁判所を通す必要があります。

 

ただし、内容証明郵便に限り、6か月間だけは時効の中断ができます。その中断されている6か月以内に裁判上の訴えを起こせば、裁判外の請求をした時点から、時効の中断があったことになります。

 

もし裁判上での訴えをしなかった場合は、時効の中断はできません。ただ単に6か月間時効の成立を先延ばししただけになってしまいます。

 

差押え・仮差押え又は仮処分

 

債権者が債務者の財産を差押え・仮差押え又は仮処分を行った場合、時効が中断されます。例えば住宅ローンが滞納となた場合、住宅ローンの債権者である銀行が住宅の競売を行います。

 

その場合、不動産が差し押さえられたという事になるので、競売申立の時点で住宅ローンの消滅時効が中断されます。ただし、競売申立が取り下げられた場合、時効中断の効力は申立の時点に遡って消滅します。

 

債務の承認

 

債務者が5年の間で一度でも借金があることを認めた場合、その時点で時効は中断されます。そして時効期間の計算は振り出しに戻ります。時効期間が振り出しに戻ったという事は、再度その時点から5件間が経過しないと時効の援用ができないという事です。

 

ここで注意しなければならない事があります。「返済」行為は債務認証になるという事です。

 

どういう事かと言いますと、「債務があることを認めたからこそ、返済をした」という既成事実ができます。ですので、この時点で時効は中断してしまいます。ここでは支払った金額がいくらとかは関係ありません。たとえ1円でも払ったら、債務承認したことになります。

 

同様に、「支払期限を3か月後まで待ってください」などの支払い猶予の申し入れを債権者にする行為も時効中断に当たります。