ナニワ金融道過払い金

MENU

ナニワ金融道での過払い金

 

2015年1月24日(土)21:00〜23:10
フジテレビ『土曜プレミアム・新・ナニワ金融道』

 

「貸した金返せよ〜」というウルフルズの「借金大王」の歌が頭から離れないあのナニワ金融道が10年ぶりに新ナニワ金融道としてかえってきました。中居君演じる灰原や小林薫さん演じる桑田など、往年のキャラクターが今回も大阪を舞台に大活躍するストーリーです。

 

今回の物語の内容では「過払い金」について取り上げられています。もともと帝国金融はマチ金で金利も法定外の金利でお金を貸し出していたところから、以前取引をしていたお客さんから過払い金の請求があります。

 

合法な金利って?

 

ナニワ金融道の漫画が連載されていたころ(1990年〜1996年当時)は現在とは違って、手荒な借金取や高金利での貸し付けが法的にもグレーな状態でした。

 

貸金業法43条 利息制限法1条1項の制限利息を超えた超過部分に関しても、もし債務者が任意に支払った場合、みなし弁済することされていました。つまり、グレーゾーン金利が認められていたという事です。

 

しかし、2008年にみなし弁済制度の廃止(完全施行は2010年)によって、賃金業法の上限利率を最大20%に定めました。そのことによって、消費者金融などの業者に今まで支払っていた過払い金の返済を求める動きが目立つようになってきたのです。

 

■利息制限法に基づく金利の上限

 

年利20% - 元本が10万円未満の場合
年利18% - 元本が10万円以上100万円未満の場合
年利15% - 元本が100万円以上の場合

 

自分にも過払い金請求ができる?

 

過払い金返還請求をする場合、おおきく分けると2種類のタイプがあります。1つめは既に消費者金融への支払いを完済している人、そしてもう1つは現在も消費者金融に返済を続けている人。

 

また、クレジットカードなどでもキャッシングの返済分も過払い金返還請求の対象になりますので、クレジットカードでの借り入れをしたことがある人は、その金利を確認されることをお勧めします。

 

それでは、借金を完済した人、また現在返済中の人がどのような条件であれば、過払い金返還の請求ができるのでしょうか?それぞれ見ていくことにしましょう。

 

完済済みの人

 

まず大前提になるのですが、借金を完済してから10年以上経っている場合、通常、過払い金を請求することができません。しかし、10年を過ぎてしまっているから、絶対に過払い金を返還してもらう事ができないのか?というとそういう訳ではありません。

 

もし借金を完済してから10年以上経ってしまっている場合は、法律の専門家である弁護士や司法書士に相談することをお勧めします。

 

金融業者との取引期間の長さに関係なく、もし当時の金利が20%を超えている場合は、その分を請求することができます。

 

現在返済中の人

 

高い金利で5年程度、またはそれ以上返済をしている場合は、過払い状態になっています。したがって、過払い金返還の請求ができる可能性があります。

 

過払い金返還請求は急ぐべき

 

ご自身に過払い金が発生するのかしないのかわからない場合、まずは弁護士や司法書士に相談をしてください。初回の相談は無料でのってくれる専門家を探す場合、以下に連絡しましょう。あなたの条件にあった専門家を案内してくれます。

 

日本法規情報無料相談窓口:
050-7301-9524

 

過払い金請求をする場合は、急いで行う事をお勧めします。ご存じの通り、消費者金融大手であった武富士が倒産したことによって、武富士に対してあった過払い金を請求することができなくなってしまいました。

 

もしあなたが取引をしていた消費者金融が倒産した場合、返ってくるはずのお金が返ってこなくなってしまうのです。このご時世、どんな企業でも倒産する可能性があるので、できるだけ早めに行動するようにしましょう!