過払い金請求を成功させる

MENU

どうすれば過払い金請求を成功させる事ができる?

 

過払い金とは払いすぎた利息の事です。借金を長期間かけて返済してきた方、完済してから10年経っていない方、過去にグレーゾーン金利で借金をしたことがある方などは過払い金が発生している可能性が高いです。

 

過払い金は払いすぎた賃金業者に対して、過払い金請求の手続きをすることで、支払いすぎた分のお金を返してもらえます。また、もし現在借金返済中であれば、借金と相殺して借金を減額することができます。

 

それでは、そんな過払い金請求を確実のものにしていくには、どうすれば失敗しないかを学ぶ必要があります。

 

過払い金が大幅に減額される場合

 

過払い金請求は自身で行う方法と、弁護士や司法書士などの専門家に依頼する2パターンあります。賃金業者に個人で過払い請求をする場合、相当の知識と交渉力が必要になります。

 

賃金業者は、相手が素人だということで過払い金の額を大幅に減額して和解に持ち込もうとします。

 

個人で交渉してもらちが明かない場合は、訴訟をすることもできますが、訴訟をするには法律知識もかなり必要になりますので、かなりの時間と労力が必要になります。

 

しかし、弁護士や司法書士に依頼をした場合、賃金業者も相手がプロだと知っているので、個人で交渉するよりも高い割合で和解してくることがほとんどです

 

また、裁判をする場合でも法律の専門家なので当然素早く対応してくれます。

 

ですので、過払い金請求を成功させるためには、弁護士や司法書士などの専門家に依頼したほうが、確実に取り返せる金額と可能性が高くなります。

 

賃金業者が倒産した場合

 

取引をしていた貸金業者が倒産してしまうと、過払い金請求ができなくなってしまいます。例えば2010年に倒産した武富士では、返還されるべき過払い金の返済率がたったの3.3%になってしまったのです。借りに過払い金が100万円あった人はわずか3万3千円しか返還されないことになります。

 

これでも完全倒産してしまって全く過払い金が返ってこないよりは幾分ましですが、本来であれば100万円返してもらえたのに、倒産してしまっては後の祭りです。

 

完済して10年経ってしまった場合

 

また、過払い金が請求できるのは借金完済から10年以内とされていますので、もし借金を返し終わってから10年以上経ってしまっている場合は、もう過払い金を取り戻すことはできません。

 

過払い金請求成功のコツ

 

上記の失敗する理由から学んだことをしなければ、必ず過払い金は戻ってきます。ですので、弁護士や司法書士などの専門家に相談をして、できるだけ早く行動を起こすことが、過払い金返還の近道です。

 

まずは相談できる弁護士や司法書士を探すことから始めましょう!あなたにあった専門家を見つけるなら「日本法規情報」に連絡する事をお勧めします。

 

日本法規情報無料相談窓口:
050-7301-9524