個人再生後クレジットカード発行

MENU

個人再生後のクレジットカード発行について

 

個人再生というのは債務整理の一種であり、今ある借金の返済計画を見なおすことが出来ます。毎日の生活から借金を返済することが難しくなってきた時は個人再生から返済を立て直しましょう。

 

個人再生をした後、生活の中でクレジットカードを使いたいため、カード会社に申し込みをすることがありますが、この時に覚えておきたいことは個人再生後というのはカード会社の審査に合格することが厳しいので、クレジットカード発行してもらうのは期待が薄いです。

 

どうしてクレジットカード発行が難しいのかと言うと、カード会社の審査は基本的に返済能力と信用を見られます。返済能力はそのまま自分の収入がポイントになるわけですが、信用というのは今までの返済記録がポイントになります。

 

返済でトラブルが無いなら信用を得ることができクレジットカード発行が可能ですが、個人再生をした場合は債務整理から借金を整理しているわけであり、信用記録が残ってしまい審査に合格できなくなります。

 

もし、これから個人再生をしようと考えているなら、その後の人生においてクレジットカード発行が難しくなるケースがあるということを知っておきましょう。

 

キャッシングやカードローンなどよりも、クレジットカードというのはなかなか使い勝手の良いアイテムなので、生活で困ることも増えます。特に現代は通販が主流な時代になりつつあるので、インターネットから買い物をよくする人などは注意をしておきたいものです。

 

個人再生をしてからどうしてもクレジットカードを発行したいなら2つの方法があります。1つは信用が回復するまで時間を待つことです。一定の時間でトラブル記録が消えるので、そうなるとカードを発行してもらいやすくなります。

 

2つめの方法はカード会社の中でも審査が緩いところを探す方法です。どのカード会社も似たような審査水準ではないので、判断レベルが低いカード会社ならカードを作れることがあるので知っておくと良いです。