夜逃げを検討する前に

MENU

夜逃げとは

 

夜逃げとは、転居先はもちろんの事、引越しをするという事実自体も誰にも告げずに行う事です。

 

夜逃げと言うと、夜中にこっそり荷物をまとめて逃げるようなイメージがあると思いますが、今の日本では24時間営業のコンビニやレンタルビデオショップ、深夜や朝まで営業している居酒屋やスーパーなどがあるので、夜中にこっそり荷物をまとめて、車に荷物を積んでいるとかえって目立つこともあります。

 

ですので、夜逃げと言っても最近では白昼堂々と荷物をまとめて引っ越しパターンや、夕方の帰宅ラッシュに紛れて引っ越したりと、もちろん夜中に引っ越す場合もあり、時間に縛られない状況になっています。

 

夜逃げのメリットとデメリット

 

夜逃げ業者を使うメリット

  • バレない夜逃げ方法で安全な場所を確保することができます。
  • 取立てなど心身の苦しみから解放されます。
  • 問題解決までの時間を作る事で冷静に現実と向き合えます。
  • 住居や学校の手配を特殊な方法で解決できます。

 

夜逃げのデメリット

  • クレジットカードや自己名義の車などの利用が制限されます。
  • 住民票や戸籍の移動が制限されます。
  • 郵便物の転送が制限されます。

夜逃げをする事のリスク

 

借金を抱えている場合など、少なからず誰かを犠牲にして夜逃げをする場合、夜逃げをすることで問題解決ができるという事ではないことをしっかりと覚えていてください。夜逃げをしたからと言って借金はなくなりません。

 

借金の時効は5年(個人間での借金は10年)で成立すると思っている方もいらっしゃいますが、実際には内容証明郵便で督促、裁判によって時効は中断されたりしますので、5年間逃げ切ったら借金が無くなるという事ではありません。

 

夜逃げをすることが問題を解決するという事ではなく、夜逃げをすることによって、一時的につらい現実から離れ、生活環境をしっかり立て直し、前向きに問題解決をしていくことが重要です。

 

しかし人間そんなに強いものではありません。夜逃げをしてしまったら、逃げる癖がついてしまいます。よって夜逃げで解決できる問題はないと言っても過言ではないでしょう。

 

夜逃げ以外の方法

 

夜逃げでは問題を解決できないことがわかったと思います。しかし、現実問題としてはだかる精神的ストレスや恐怖心、不安感からどのようにして逃げればいいのか?この問題を解決することが最重要です。

 

その解決法は、まず弁護士等の専門家に相談をすることです。夜逃げをして、その後の人生をずっと後ろめたい思いで過ごすのは、精神的にも健全ではありません。

 

結局は、しっかりと借金問題と向き合って解決をすることが一番なのです。相談できる弁護士がいない場合、日本法規情報に連絡してみてください。

 

日本法規情報は、無料で電話相談に乗ってくれる法律のコンシェルジュです。あなたの現状に適した弁護士や専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:
050-5577-7420

 

日本法規情報に関する詳細を知りたい方は、こちらの公式サイトで確認することができます。

 

借金問題はそれぞれ各人の状況によって違うので、弁護士にあなたの状況をしっかりと説明して、あなたの状況にあった解決法を提案してもらいましょう。

 

この方法で借金問題を解決したら、夜ゆっくり眠れることもできますし、外出しても後ろを気にすることもありません。夜逃げをせずにしっかりと問題と向き合って、確実に解決できる道を見つけましょう。