キャッシングの金利

MENU

キャッシングの金利はどのくらい?

 

キャッシング機能はほとんどのクレジットカードについています。クレジットカードをATMに入れるだけでキャッシングすることができるので大変便利です。

 

急にお金が必要になって手持ちがない場合、わざわざ審査を受けて消費者金融からかりるのではなく、審査も何もなくクレジットカード1枚でお金が借りることができるので、利用している人は多いと思います。

 

ただしここで気をつけなけれなならない事がいくつかあります。まず、キャッシングは「借金」であるということをしっかり認識することです。

 

お金を借りるという事は金利を払わなければなりません。金利はクレジットカード会社によって様々ですが、大まかに15〜20%です。

 

 

消費者金融業者が利用者にお金を貸すときに、「利息制限法」という法律が適用されます。この利息制限法により、お金を貸し出す時の利息に上限が設けられています。

 

元金10万円未満の場合: 年利の上限20%
元金10万以上100万円未満の場合: 年利の上限18%
元金100万円以上の場合: 年利の上限15%

 

上記のように、金額に応じて利息の上限が設定されています。しかし、2010年までは「出資法」という別の法律があったので、たとえ利息制限法で定められた金利を超える利息をとっていたとしても「出資法」で定められている年利29.2%を超えなければお咎めなしでした。

 

そのような背景から多くの消費者金融はできるだけ高い利息を取ろうという事で、利息制限法の上限は超えるけど出資法の上限を超えないギリギリの範囲で利用者にお金を貸し付けていました。

 

この金利のことを「グレーゾーン金利」と言います。

 

 

2006年2月、貸金業の監督を行う金融庁は、貸金業規制法施行規則の改正を行うことを表明しました。それに伴い大手消費者金融も金利を徐々に下げ始めました。さらに2010年6月からにはグレーゾーン金利が廃止されました。