悪徳弁護士の見分け方

MENU

悪徳弁護士の見分け方

 

弁護士は正義の味方で借金問題に困っているあなたにとって救世主のような存在になるイメージがあると思います。確かにそのような素晴らしい弁護士は存在します。しかしその一方で悪徳弁護士と呼ばれる弁護士が存在するのもまた事実です。

 

悪徳弁護士は整理屋や悪徳業者と共謀して債務整理を行ったりすることがありますので注意が必要です。

 

悪徳弁護士や整理屋などを見分けるポイント

弁護士と直接会って話をしましたか?

整理屋に乗っ取られた弁護士事務所では、実際に弁護士と会って話をする機会は基本的にありません。対応はそこにいる事務員がするのが特徴です。

 

弁護士が依頼者と直接会うことなく、債務整理を受任することは原則禁止になっていますので、もしあなたが依頼した弁護士とまだ一度もあったことがない場合は、かなり怪しいと思ってください。

 

また、弁護士が高齢や病気で法律事務を取り扱うことが難しいのにもかかわらず債務整理を受任している場合も、後ろに整理屋が潜んでいることがありますので、注意して下さい。

NPO法人や認可団体など、もっともらしい名称じゃないですか?

○○センター、××の会、△△事務所など、一見公的団体やボランティア団体のような名前で活動している団体は注意が必要です。そもそも弁護士と認定司法書士以外が法律事務を行って、それに対する金銭を受け取る行為は法律で禁止されています。よって債務整理は弁護士と認定司法書士以外は扱えないのです。

 

一部には広告規制をすり抜けるためにNPO法人などを利用している弁護士も存在します。そのような弁護士は債務整理の弁護士費用以外に、寄付だとテキスト購入代だとか言って料金を請求してくる場合もあります。

弁護士事務所案内に経歴がしっかりと記載されていますか?

ポイント2でもお伝えした通り、債務整理を含む法律事務は弁護士と認定司法書士以外は行うことができません。法律でしっかりと禁止されています。

 

従って○○センター、××の会、△△事務所などの表現を使っているところは注意が必要です。

 

また、認定司法書士も司法書士法によって原則1社あたり140万円以上の金額の訴訟は扱うことができません。また、司法書士は自己破産や個人再生など地方裁判所での裁判手続きは代理できません。

債務整理の料金、弁護士費用など明確になっていますか?

弁護士が案件の依頼を受けたときに、報酬契約書を作成せず、弁護士報酬に関する明確な説明がない場合は怪しいです。また、費用が提示されていてもその内容が分りにくいものや高額な費用をあたかも安いと思わせるような書き方をしている場合も注意して下さい。

 

最初に費用が明確になっていないと、後から別の費用項目で追加請求してくる場合もあります。

債務整理の手続きで1つの方法しか推奨されてませんか?

本来債務整理の方法はいくつかあって、依頼者の状況によって弁護士が最善の方法を提示するのですが、中には特定調停を勧めておいて、依頼者の話を聞いてからマニュアルテキストのような書類を渡し、続きは依頼者がすべて自分でやるように言われたり、依頼者が明らかに支払い能力がないにも関わらず、任意整理で進めて長期の分割で無理やり任意和解をしたりと、弁護士の都合のよい方法を押し付ける場合があります。

大々的に広告を打っていませんか?

公共の至る所やスポーツ新聞などに債務整理専門を謳って、大々的に広告を展開したり、弁護士事務所の所在地から遠方の場所に宣伝広告をしたり、「無料法律相談会」を開催している弁護士は要注意です。

 

また、無料法律相談を大々的に宣伝しながらも、集まった依頼者をふるいにかけて、最初にある程度のまとまった報酬が払えない方や、ヤミ金から借入しており手間がかかりそうな案件の依頼を断る弁護士にも注意しましょう。

マスコミや取材された記事などをアピールしてきませんか?

テレビやマスコミの取材を受けたことを必要以上にアピールしたり、取材の記事が掲載されている雑誌を必要以上に見せてくる弁護士も注意しましょう。「マスコミに取り上げられた弁護士=信頼できる安心弁護士」と思わせたいのでしょう。

 

しかし、良く考えてください。雑誌掲載などはお金を払えば誰だって掲載することができます。一番信頼を得られるのはマスコミではなく、実際の依頼者や相談者からの紹介です。

 

もしあなたの弁護士や認定司法書士が上記のうちどれか1つでも当てはまる場合は、日本法規情報に相談することをお勧めします。

 

整理屋とは

 

整理屋とはヤミ金の一つで、依頼者から違法な手数料を取り、複数の債務を1本に整理する、または整理したように見せかける悪徳業者のことを指します。「借金を一本化しませんか」などのチラシや広告を目にしたことがあると思いますが、そのような広告は注意が必要です。

 

整理屋は、多重債務者に対して電話やDMなどで連絡を取り、「あなたの借金を整理して返済しやすくしますよ」と話を持ちかけてきます。この場合、高額な手数料を取ったり、返済金を横領したりします。