家族の借金に親族の返済義務は

MENU

家族の借金は家族全員に返済義務がある?

 

例えばあなたの旦那があなたに内緒で借金をしていたとします。その場合、あなたは旦那の配偶者のため借金を支払う義務がありますか?

 

あたなの母親があなたの知らないところで、借金をしていました。あなたにはその支払い義務はありますか?

 

このように家族の誰かがあなたの知らないところで作った借金に対して、家族であるあなたに支払う義務があるかどうか?

 

答えは「あなたには家族の借金の支払い義務はありません」です。

 

「家族」であるという理由だけで借金を肩代わりする義務はないのです。ですのでもし、あなたの家族の債権者から「あなたが代わりに支払ってください。」などと連絡がきたら、あなたはそんな要求を突っ張ることができるのです。なぜならあなたには法的に支払い義務が発生しないからです。

 

ただし、もしあなたがあなたの家族の借金の保証人、連帯保証人、または連帯債務者になっている場合はその限りではありません。あなたは法的に家族の借金を支払う義務が生じます。

 

それでは保証人連帯保証人、連帯債務者にはどのような義務があるのかを見ていきましょう。

 

保証人

 

保証人とは債務者を保証する人の事を言います。つまり、あなたが保証している債務者が支払を滞らせた場合、債権者は保証人であるあなたに弁済を求めることができるのです。

 

しかし、もし債務者に支払い能力がある場合、あなたは債権者に支払いを拒否することができます。「まずは債務者の財産を確認、支払を求めてください。」などと、弁済を断る権利があります。

 

連帯保証人

 

連帯保証人は保証人のような弁済を拒否できる権利はありません。保証人同様、債務者が支払いを滞らせた場合、債権者から弁済を求められます。その場合、債務者が支払い能力があるかどうかに関わらず、連帯保証人であるあなたは債務者同様、支払をしなければなりません。

 

極端な話、債権者が債務者から取り立てをするより、連帯保証人から取り立てしたほうが楽だと感じた場合、連来保証人を取り立てることができます。

 

連帯債務者

 

保証人、連帯保証人よりも責任が重たいのが連帯債務者です。これは債務の保証をするという事です。保証人は「人」に対する保証ですが、連帯債務者は人ではなく「債務」を保証するという事です。

 

つまり、借金をした人とあなたが連帯して共同で債務を弁済する責任を負うという意味です。債務者が返済できなければ、連帯債務者が債務者に代わって、完済するまで債務の全てに責任を負う事になります。

 

家族の借金の事で悩む前に

 

家族の借金に関して問題を抱えている場合、弁護士など借金の専門家に相談する事をお勧めします。お金の問題は人それぞれの状況によって解決方法が異なります。

 

弁護士に依頼するときには、借金問題に精通した弁護士を探す必要があります。では、どこで借金問題に強い弁護士を見つけるのか?そのような場合は、下記へ電話してみて下さい。あなたの現状に適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:

050-5577-7420

 

弁護士にも得意な分野と不得意な分野があります。あなたの状況に最適な弁護士を自力で探すのは至難の業です。日本最大の弁護士登録者数を誇る日本法規情報だから、あなたに最適な弁護士や専門家が見つかります。まずは、日本法規情報に相談してみましょう。

 

日本法規情報に登録している弁護士などの専門家は日本全国にから集まっていますので、無料相談は全国対応しています。日本法規情報に関する詳細を知りたい方は、公式サイトで確認することができます。