借金取立ての時間

MENU

借金取立て時間には決まりがある

 

巨額の借金を抱えてしまい返済をしたくても返済に充てるお金を工面することができない、また今月は返済できても来月はきちんと返済することができるかなど、借金問題に悩んでいる人はこのような不安を多く抱えているものです。

 

返済が滞ってしまいいつ取立てに来られる分からなくて毎日ビクビクしてしていては精神的にもどんどん追い詰められていくでしょう。

 

しかし、借金の取立ての時間は貸金業規制法で決められています。取り立ての時間は午前8時から午後9時までの間だけとなっており、これは電話や電報なども含まれています。

 

したがって午後9時以降にもし賃金業者の取立てがあれば、それは法律違反となるので、もしこの時間外に取り立て行為が行われたら警察に連絡ということも覚えておきたいです。

 

しかし、借金を抱えている人のほとんどはお金を借りているといった負い目からなかなか毅然とした態度というものは取れず、冷静に判断することが難しい場合も多いのです。

 

どうしても借金を返済できない、また取り立て行為や嫌がらせなどに悩まされているといった場合は、すぐに法律の専門家である弁護士か司法書士に相談すると良いでしょう。法律の専門家に頼ることでこのような行為は全て簡単に止めることが可能になるので、夜逃げよりはまともな対応だといえます。

 

貸金業規制法という法律の中でしっかりと明示されていることなので、違法とみられる厳しい取り立てストップさせることが可能であるため、精神的な負担も大きく軽減できるはずです。

 

また債務整理と一緒に相談することで借金を帳消しにできたり、大幅に減額して返済していくこともできるので、借金問題に頭を抱えているのなら専門家に任せる方が賢明です。

 

とはいっても返済するお金も工面できないのに弁護士や司法書士に頼れないと思われがちですが、最近の法律事務所は無料相談窓口を設けているところが多いので、相談することのデメリットはありません。一人で悩んでいても解決には繋がらないので早期解決をおすすめします。