故人の借金に遺族の支払い義務は

MENU

亡くなった家族の借金は遺族が弁済する?

 

もし亡くなった家族に内緒の借金があった場合、遺族はその借金を支払わなければならないのでしょうか?まず、人が亡くなると相続が発生します。

 

個人が所有していた財産を調査して、相続人となる遺族で分配してから相続します。この流れを遺産分割と言います。

 

この遺産分割の際に「財産」を分割する訳ですが、財産と聞くと不動産や株、現金など(これらを正の財産と呼びます)を思い浮かべると思います。

 

しかし、実は「財産」とは正の財産とは反対に「負の財産」が存在します。そう、借金は負の財産なのです。この借金も相続財産になるのです。

 

民法では相続に関して、以下に掲げる3原則から選択するように、としています。

  • 相続放棄
  • 限定承認
  • 単純承認

 

相続放棄、限定承認、単純承認の3つですが、それぞれどのような特徴があるのか、以下で詳しく見ていくことにしましょう。

 

相続放棄

 

相続放棄とは、「すべての相続財産を放棄する」という事です。被相続人である故人が亡くなってから3か月以内に家庭裁判所へ申し出をします。

 

この3か月という期間を過ぎてしまうと「相続放棄はしない」ものとみなされてしまい、単純承認をしたとの判断をされてしまいます。

 

もし単純承認をしたとみなされてしまったら、故人の借金を引き継いだことになってしまうのです。

 

仮に故人の正の財産(不動産や有価証券、現金等)があまりなくて、負の財産である借金が多額の場合、まず間違いなく相続放棄を選択するべきです。

 

ここで忘れてはいけないことがあります。仮に配偶者であるあなたと子供が相続放棄を行った場合、相続順位が下位の人に対して相続が発生します。妻と子供のすぐ下に位置するのは故人の両親です。

 

もし故人の両親が既に他界されている場合、ご存命の場合でも相続放棄をした場合、本来は相続人ではなかった故人の兄弟に相続が発生します。

 

ですので、仮にあなたが相続放棄をした場合でも、他の親族が知らぬ間に借金を相続してしまう事になる可能性があるのです。

 

このような事態を避けるには、相続放棄をする前に親族で集まり、故人に借金があったので相続放棄を一緒にすることを決めることです。故人の両親、兄弟までが相続放棄をすれば、それ以上の親族には相続は発生しません。

 

なお、離婚や養子縁組などで音信不通になっていた親が借金を残して亡くなった場合、家庭裁判所の判断によっては、例外的に「自分が相続人になったことを知ってから3か月以内に相続放棄の手続きをすれば、相続放棄が認めまれる場合もあります。

 

限定承認

 

限定承認とは、正の財産で負の財産を相殺し、その範囲で相続をする方法を言います。ただし、この方法は条件もかなり狭いし、費用と時間がかかってしまうので、現実的にはあまり使用されていません。

 

実務的には債権者と相続人とで話し合いの場を設けて、任意売却などの方法で債務を完済して、その残りの財産を相続するという方法がとられます。

 

単純承認

 

単純承認は読んで字の如く「単純に正の財産も負の財産もすべて相続する」という事です。単純承認された場合、借金は故人から遺族へそのまま移ったことになります。

 

ですので、借金の支払い義務は遺族が負うことになります。もし遺族が複数人いる場合は、遺産分割の内容を遺族間で自由に定めることが可能です。また、解釈上は各遺族が借金も分割して共同債務者になったという事になります。

 

しかし現実問題として、各遺族が共同債務者になると事務手続きがかなり複雑になってきてしまうので、通常は遺族の中から誰か代表者が債務者になって、それ以外の遺族が連帯保証人になるという形をとります。

 

仮に遺族が未成年の子供しかいない場合でも、単純承認をしてしまうと故人の借金は子供に引き継がれたとみなされます。

 

しかし、未成年だと判断力がまだ御旗綱ので、自身の判断で財産を扱う事は難しいです。そこで、通常は未成年の相続人に対して後見人を選出して、相続人が成人するまでの債務整理や財産運用などを手伝うことになります。

 

通常後見人は親族や親権者が行いますが、適任な人材がいない場合、家庭裁判所で選出されます。

 

家族の借金の事で悩む前に

 

遺族の借金に関して問題を抱えている場合、弁護士など借金の専門家に相談する事をお勧めします。お金の問題は人それぞれの状況によって解決方法が異なります。

 

弁護士に依頼するときには、借金問題に精通した弁護士を探す必要があります。では、どこで借金問題に強い弁護士を見つけるのか?そのような場合は、樋口総合法律事務所に相談しましょう。

 

樋口総合法律事務所

 

 

 

初期費用無し、さらに弁護士報酬を後払い・分割払いすることができるので、弁護士報酬を払えるかどうか悩んでいる方におススメの弁護士事務所です。

 

相談すれば、最短即日取り立てSTOPすることができます!女性弁護士も在籍しているので、女性にも優しい事務所です。まずは、プロに相談することからはじめましょう。