JCBから過払い請求

MENU

JCBの過払い金請求に関する無料相談

 

JCBで過払い金が発生している事がわかった方、過払い金が発生している可能性がある方、JCBと取引が終わってから10年以内の方、今すぐ専門家に無料相談をしてください。

 

現在過払い金が発生していても、個人で全額回収するのは非常に難しいのが現状です。そんな時、JCBとの交渉実績のある弁護士や司法書士に相談することが非常に大切です。

 

日本法規情報無料相談サポートセンター:

050-5577-7420

 

彼らはJCBがどの程度まで交渉可能か、その微妙なさじ加減を熟知しています。このように、JCBとの交渉経験豊富な弁護士や司法書士を探す場合、是非「日本法規情報」を利用してみてください。日本最大の弁護士登録者数を誇る日本法規情報だから、あなたに最適な弁護士や専門家が見つかります。

 

JCBの概要

 

JCBカードには実は2種類あります。株式会社ジェーシービーが発行するJCBカードと、そのほかの信販会社が発行するJCBカードがあります。JCBカードの過払い金請求を考える場合、JCB本体のJCBカードとの契約の場合と、JCBブランドの信販会社やクレジットカード会社と契約しているかを明確にする必要があります。

 

しかし、実際にはJCB本体との契約よりも、他社のJCBブランド会社との契約をしている場合がほとんどなので、JCB本体との取引で過払い金が発生するケースは稀です。それでは、あなたの契約がJCB本体かその他の会社とのものなのかを確認しましょう。

 

2種類のJCBカード

 

1.株式会社ジェーシービーが発行するカード(ジェーシービーカード)

 

JCB本体との取引で過払い金が発生する可能性があるのは、一括払いについての取引です。2007年頃まで、一括取引に関して27.8%というグレーゾーン金利での取引をしていましたので、JCBとの取引期間が長い場合、過払い金が発生する可能性があります。しかし、キャッシング取引のうち、リボルビング払いについては、当時から18%以下での契約となっているので、原則過払い金は発生しません。

 

2.その他の信販会社が発行するJCBブランドのカード

 

JCB本体ではないJCBブランドのカード会社(信販会社やクレジットカード会社)が発行するカードは、カードの表面に契約した会社名が記載されています。ですので、過払い金を請求する場合はその会社に連絡することになります。その場合の利率は各社によって異なりますので、直接連絡することが大切です。下記の会社は代表的なJCBブランドのカードを発行している会社ですので、参考にしてみてください。

  • 三菱UFJニコス(ニコスカード等)
  • クレディJCB(JCBカード、UCカード等)
  • イオンクレジットサービス(イオンカード等)
  • オリエントコーポレーション(オリコカード等)
  • セディナ(オーエムシーカード等)

 

過払い金請求に対するJCBの対応

 

JCBに対する任意交渉での満額回収はよっぽどの交渉力がある人でない限り難しいです。弁護士や司法書士などの専門家に依頼して任意交渉すると回収率は80〜100%になる可能性もあります。

 

JCB過払い金請求の注意点

  1. 過払い金返還請求や任意整理をすると、今後JCBカードを利用することができなくなります。
  2. JCBカードのショッピング利用がある場合は、その残高と過払い金が相殺されます。ちなみに、ショッピング利用分は法定内貸し付けのため、過払い金は発生いたしません。