特定調停の無料相談

MENU

特定調停を検討されている方へ

 

■特定調停を検討する理由

 

特定調停は比較的新しく2000年2月から施行された債務整理方法です。特定調停を検討されている方は、現在の債務に対する支払はなんとか大丈夫だけど、このままこの状況が続くといずれ行き詰ってしまう事を恐れている場合が多いようです。

 

また、特定調停はほかの債務整理方法と比べると、比較的早く解決できる(申立をしてから約1か月)ので、時間のないビジネスマンで早く借金問題を解決したい方などが検討されいる場合が多い様です。

 

特定調停は簡単にいうと、裁判所を介した任意整理です。裁判所を通すことによって、債務者であるあなたが直接債権者と交渉をせずにすみます。ですので債務整理の中でもご自身で整理される方が最も多いのが特定調停です。

 

しかし、実際に裁判所へ足を運んだり、書類を作成したりと言った実働しなければならないので、仕事が忙しい方や、法的知識が乏しくて自身で行うことに不安を感じている方は弁護士や司法書士と言った専門家に依頼するケースがほとんどです。

 

■特定調停をする上での注意事項

 

特定調停で注意しなければならないことは、調停が成立すると調停調書が作られます。この調停調書は裁判の確定判決と同じ効力があるので、調停成立後に、もし支払が滞ったりした場合、債権者は債務者であるあなたの給与を差し押さえることができます。ですので、特定調停が成立した以上、その後の支払いはしっかりと責任をもって約束通りに支払うようにしましょう。

 

前述したとおり、時間がないビジネスマンや一人で特定調停を行う事に不安を感じる方は、まず法の専門家である弁護士や司法書士に相談することからはじめましょう。相談をすれば、あなたが弁護士に依頼するしないに関わらず、あなたの状況に適したアドバイスをくれるでしょう。

 

■どうやって自分にあった弁護士を探すのか?

 

弁護士と言うと、超難関な司法試験に合格した優秀な人間なので、どんな問題でも解決してくれると錯覚してしまいますが、弁護士は神様ではありません。弁護士にも得意なジャンルと不得意なジャンルはあります。例えば、相続問題に強い弁護士もいれば、交通事故問題に強い弁護士もいます。あなたが債務整理に関する依頼をするときに、離婚問題に強い弁護士に依頼しても全く意味がありません。いわゆる「餅は餅屋」なのです。

 

特定調停をはじめとする債務整理に精通している弁護士は、その知識と経験上、「Aさんの場合、このような形で要書類を書けば、申立が通りやすい」「特定調停後の支払いをする際に、このような事に注意をしてください」など、債務整理のエキスパートならではの方法で、依頼者にとって最善の解決策を見つけてくれるでしょう。

 

このように、弁護士を探すときはご自身の状況と目的にあった弁護士を探すことがとても重要なのです。そのような適切な弁護士を探す場合、非常に便利なのが「日本法規情報」です。

 

日本法規情報に関する詳細を知りたい方は、こちらの公式サイトで確認することができます。

 

日本法規情報には特定調停をはじめとする債務整理に精通した専門家が多数登録しているので、あなたの悩みに最適な専門家を無料で案内してくれます。24時間電話での受付ができますので、まずは連絡してみましょう。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

特定調停無料相談記事一覧