債務整理でcicに載る可能性

MENU

債務整理を行うとCICに載る?もし載ってしまった場合の掲載期間は?

 

CIC(株式会社 シー・アイ・シー)は個人信用情報機関の一つで、貸金業者や信販会社などが加盟しています。カードローンを利用したり、クレジットカードを作る際にはこのcicに登録されている情報を元に与信を出しています。

 

登録されている情報は大きな項目では、申込情報・クレジット情報・利用情報の3つがあります。

 

申込情報に関しては過去6ヶ月間の申込に関する情報が登録され、利用情報には利用している会社や本人を特定する情報などが登録されています。

 

クレジット情報に関してはクレジットやカードローンなどの契約に関する情報が登録されており、その中の異動発生日がいつから始まっているかで、新たに利用できるまでの期間が分かります。

 

異動情報が登録され続けていることで、新規のキャッシングも、クレジットカードもつくることはできません。それは割賦販売法に基づく分割ローンなども同様です。

 

債務整理をした場合、CICで事故情報が残される期間は5年間です。異動発生日が起点になりますので、この日から5年は利用制限が掛かっているとみることができます。

 

CICに登録されている情報は開示請求することができ、どんな情報が残っているのか、それはいつまでなのか、有料となりますが郵送で取り寄せることもできます。

 

債務整理の利用制限で気をつけたいのは、事故情報を掲載する個人信用情報機関はCICのみではないことです。

 

例えば、消費者金融のカードローンであればJICCにも登録され、銀行からの借入などはKSCに登録されています。CICと合わせて3つの機関はCLINという相互ネットワークで共有され、また別の交流情報網としてFINEで金業法に基づく利用が共有されています。

 

利用履歴に関しては銀行と貸金業者の消費者金融・信販会社で別個とみることができますが、債務整理に関しては別です。大手の消費者金融や信販会社のカードローンであれば、CICとJICCの両方に登録されています。

 

債務整理をすれば、共に5年間は制限期間となり、異動発生日が事故情報の発生日となります。

 

 個人信用情報機関に関する詳細はコチラで確認できます。

アヴァンス法務事務所

 

 

テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所です。どんな些細な問題でも力になってくれる法律事務所です。債務整理を得意とする事務所で最も認知度が高く、顧客満足度も高い安心のアヴァンス法務事務所。今すぐフリーダイヤルで相談しましょう!

 

なんとアヴァンス法務事務所では、相談料はもちろん、減額報酬まで無料で受けてくれる数少ない法律事務所です。取引件数が少ない、過払い金がない、など他の事務所で断られた案件も、無料でどんどん相談に乗ってくれます。