借金返済の一本化を弁護士に依頼

MENU

弁護士に相談して借金返済を一本化するメリット

 

借金返済の一本化は貸金業法の改正により、一人に貸すことができる金額が制限されてしまったことによって、おまとめローンなどの名前で、貸金業者が始めた金融商品ですが、借金返済の一本化は消費者記入だけでなく、弁護士によっても行われています。

 

この弁護士が行う借金返済の一本化は、正確には任意整理と呼ばれるもので、弁護士が各業者と話し合いをして、借金の額を適正なものへ減らしたり、利息を最適なものにしたりする事を指します。

 

これを行った結果、借金返済の窓口が一本化されるのです。消費者金融で一本化する場合と任意整理の場合とではメリットやデメリットに大きな違いがあります。

 

任意整理の場合のメリットは法律に則って借金の金額を確実に減額できることです。この方法で債権を整理する際に、業者に請求した今までの取引履歴から引き直し計算という方法を利用して過払い金などを算出し、適正な額に変更され借金が減額されるのです。

 

そしてその減額された借金を利息なしで返済していくプランが行われるようになります。利息がない状態で返済を続けていくことになるので負担が少なくなるのですが、任意整理したことは信用情報に記載されるため、今後5年は借金ができないことになります。

 

それとプロに相談することになるので相談料が取られることも任意整理のデメリットといえるかもしれません。任意整理と違い消費者金融会社が提供する借金整理を利用した場合のメリットとしては金利が少なくなる事です。

 

金利が少なくなるので毎月の返済額は減るのですが、返済期間がその分延長するため、総額にすると借金の額が増えるため、厳密にいうとメリットとは言えません。

 

そのうえ、消費者金融会社によって借金をまとめるサービスにはあらたな保証人も必要になるため、負担が大きくなります。

 

比べてみれば、結局借金が増えるだけの消費者金融のおまとめサービスより、今後数年借金ができなくなること以外で大きなデメリットがなく借金額が減る任意整理のう方が賢い選択であることがお分かりいただけると思います。